スケヴェルドラ ヴィニフィエ パー ジュンコ アライ 2014 セバスチャン リフォーのブドウ使用 白ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 新井順子とのコラボキュヴェ 、 『石のかけら』 という名のシレックス土壌の貴腐の付いたブドウをボワルカで使用した500Lの古樽で12 ヶ月発酵、そのまま6 ヶ月熟成し 無濾過無清澄 、 SO2無添加 で瓶詰めしました。 憂いあるトパーズの色調から 黄桃やスパイスの香り を感じます。 粘性のある口当りにしっかりとしたアタック、 穏やかな酸がたおやかに流れ蜜の旨みが凝縮味を与えてくれます 。 INFORMATIONNameSancerre Skeveldra Vinifie par Junko Araiブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワール/サンセールRegionFrance/Loire/Sancerre内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 スケヴェルドラ ヴィニフィエ パー ジュンコ アライ 2014 セバスチャン リフォーのブドウ使用 白ワイン S

サンセール レ カルトロン 2015 セバスチャン リフォー 白ワイン

■輸入元様資料より抜粋■ 父エチエンヌの時代から続くスタンダードなサンセール、ステンレスタンクで発酵、そのまま 24ヶ月シュールリー熟成 しました。このキュヴェのみ瓶詰め時にSO2を10mg/L添加、軽く濾過し瓶詰めします。 透明感のあるイエローの外観、 パッションフルーツ や マンゴーのアロマ を感じます。まだ固さはありますが、 瑞々しさの中に甘やかさが拡がるカルトロンらしい味わい が沁み入ります。 INFORMATIONNameSancerre Les Quarterons Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワール/サンセールRegionFrance/Loire/Sancerre内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 サンセール レ カルトロン 2015 セバスチャン リフォー 白ワイン

ロゼ トワ ボンノム 2017 ヴァンサン トリコ ロゼワイン

■輸入元様資料より抜粋■ 標高450mの粘土石灰の畑で育つピノノワールをマセラシオンカルボニック後のフリーランジュースを木樽で発酵そのまま8 ヶ月熟成し無濾過無清澄、SO2無添加で瓶詰めしました。 INFORMATIONNameRose Trois Bonhommes Vincent Tricotブドウ品種ピノノワール100%(手摘み/平均15年)生産者名ヴァンサン トリコ産地フランス/オーヴェルニュRegionFrance/Auvergne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ロゼ トワ ボンノム 2017 ヴァンサン トリコ ロゼワイン

ゲヴェルツトラミネール キュヴェ デ セニュール ド リボピエール 1990 トリンバック 白ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り S

■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 貴重な熟成ゲヴェルツ! フランスにある ミシュラン3ツ星レストラン全店 で、トリンバックのワインが採用されていたというから、この造り手が、どれほど世界的に評価されているか分かると思います。(2016年の情報) そんな 偉大な造り手 から、20年以上熟成したワインが入荷しました。 アルザスでは、色々な造り手が、 ゲヴェルツトラミネール品種 のワインを造っていますが、このトリンバックが造る《キュヴェ・デ・セニュール・ド・リボピエール》は、その お手本的な存在 です。 大柄 で、 パワフル ですが、 品のある味わい に仕上がっています。 28年の熟成を経た《キュヴェ・デ・セニュール・ド・リボピエール》を味わえた人は、かなり幸運の持ち主だと思います! 恐らく、 20年以上の熟成 を経たアルザスのワインを口にしたことのある人は、殆どいないと思います。 限られた本数の入荷であり、 またとないチャンス です。是非、お試し下さい! INFORMATIONNameGewurztraminer Cuvee des Seigneurs de Ribeaupierre Trimbachブドウ品種ゲヴェルツトラミネール生産者名トリンバック産地フランス/アルザスRegionFrance/Alsace内容量750mlWA−/Issue −WS87/Issue Sep 15, 1995※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ゲヴェルツトラミネール キュヴェ デ セニュール ド リボピエール 1990 トリンバック 白ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り S

コート ロティ 2015 ドメーヌ ジャメ 赤ワイン S

INFORMATIONNameCote Rotie Domaine Jametブドウ品種シラー生産者名ドメーヌ ジャメ産地フランス/ローヌ/コート・ロティRegionFrance/Rhone/Cote Rotie内容量750mlWA96+/Issue 1st Nov 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 生産量はごく僅か! パーカーも大絶賛の コート・ロティを代表する造り手 ■輸入元様資料より抜粋■ コートロティは北ローヌ地方に位置し、 ローマ人が初めてブドウを栽培した場所 として広く認められています。 アンピュイ村のドメーヌジャメが造るワインは 生産量が非常に限られています 。 ジョセフ・ジャメが1979年にドメーヌを立ち上げ、現在では息子のジャンポールとジャンルークによって運営されています。 この15年間でジャメ兄弟により多くの改善がなされました 。ジャンポールの妻、コリンはワインの瓶詰めと出荷を担当しています。 カーヴでは完全に重力に従って作業を行うため、 ブドウを強くプレスしたり果汁をポンプで汲み上げる事はありません 。 9ヘクタールの畑を所有し、そのうち6ヘクタールの畑の 平均樹齢は25〜50年 です。残りの3ヘクタールは最近植えられました。 使用するブドウの75%はコート・ブリューヌ、残りの25%はコート・ブロンドの畑のものです。 リュットレゾネで栽培 しています。 コート ロティ 2015 ドメーヌ ジャメ 赤ワイン S

シルヴァネール グラン クリュ ツォツェンベルグ 2010 リエッシュ 白ワイン S

INFORMATIONNameSylvaner Grand Cru Zotzenberg Rietschブドウ品種シルヴァネール生産者名リエッシュ産地フランス/アルザスRegionFrance/Alsace内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《アルザスの純真》 伝統的なワインから ナチュラルヘ ■輸入元様資料より抜粋■ 《アルザスの純真》 アルザス地方ミッテルベルカイムは 「フランスで最も美しい村のひとつ」 素朴でこじんまりとしてますが伝統的な街並みがとても美しい村にリエッシュはあります。 リエッシュ家の人たちはもの静かで素直。育ちの良さが伝わってきます。 美しい酸 と ミネラル を感じる伝統的なスタイルのワインから、酸化防止剤無添加・醸し期間を長くとった実験的なワインなど、年々 ナチュラル な方向へ向かっています。 エチケットは家の裏に住む女性アーティストがデザインしたもの。 シルヴァネール グラン クリュ ツォツェンベルグ 2010 リエッシュ 白ワイン S

エルミタージュ ル メアル ブラン 2005 シャプティエ 白ワイン

96点獲得! 【ロバート・パーカー氏の評価】 The warmest terroir for the white Ermitage cuvees is Le Meal、 an upper mid-slope terroir with a great exposition. The most flamboyant of these wines、 the 2005 Ermitage Le Meal blanc、 exhibits notes of buttered citrus、 copious tropical fruit、 crushed rocks、 white currants、 and an amazing amount of honeysuckle allied with good acidity and enormous body. With twenty vintages under his belt、 Michel Chapoutier and his impressive winemaking staff go from strength to strength. These are among the world’s greatest wines、 especially the single vineyard wines、 many of which will last 50 or more years. Chapoutier thinks 2006 is one of the very finest vintages in the northern Rhone for white wines (and I don’t see any reason to disagree). The naturally high acidity and a summer season with no brutal heat waves allowed the wines to maintain their acidity while at the same time gaining flavor intensity. I have always had the feeling that despite his prodigious ability to make profound red wines、 Michel Chapoutier gets a greater thrill from his white wine portfolio than from his impressive reds. . The single vineyard wines from Chapoutier are wines of super concentration、 and are made from what are historically tiny yields. Along with Chaves’ white Hermitage and a handful of other Rhone whites、 these are potentially the longest-lived and most profound whites being produced there. From the granite hillsides of St.-Joseph、 Michel Chapoutier makes by far the appellation’s finest white 、 and one might argue、 red as well. ◆ロバート・パーカー氏評:96点 (ワイン・アドヴォケイト誌175号より) INFORMATIONNameErmitage le Meal M.Chapoutierブドウ品種ルーサンヌ生産者名M.シャプティエ産地フランス/ローヌ/クローズ・エルミタージュRegionFrance/Rhone/Crozes Hermitage内容量750mlWA96/Issue 4th Mar 2016WS97/Issue Jun 15, 2008※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ローヌを代表する生産者であり、北ローヌ、南ローヌ各地のワインを世に送り出している、Mシャプティエ。 1808年からと歴史は古く、 有機農法を実践 、その造りはフランス本国でも高い評判を得ている、シャプティエ。 シャプティエと言えば、 ラベルにほどこした点字も有名 ですが、その発端は友人で盲目のシャンソン歌手の為に、彼女のお気に入りのワインがいつもテーブルにある事が確かめられる様に、との優しさからでした。 規模は大きくとも、ワインに対する思い、シャプティエのワインを愛する人々に対する思いがストレートに伝わる。 シャプティエの魅力が色褪せない秘訣なのではないでしょうか! そんな『変わらぬ良き心』を持ち続けるシャプティエのワインの中の頂点であり、きわめて樹齢の高い畑、限られた生産量で生み出される最上級品、セレクション・パーセレールが入荷しました。 驚きのパーカー・ポイント高得点連発ワイン が登場ですっ! 思わず、目が点になり、 『スッゲ〜っ!』 と声出てしまいました。 イメージ的には… ( ゜_゜;) こんな感じです(笑) 本当に、ビックリしました!! エルミタージュ ル メアル ブラン 2005 シャプティエ 白ワイン

オクシニス 2014 セバスチャン リフォー 白ワイン S

INFORMATIONNameSancerre Auksinis Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワール/サンセールRegionFrance/Loire/Sancerre内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 オクシニス 2014 セバスチャン リフォー 白ワイン S

シャトーヌフ デュ パプ レ クワルツ ルージュ 2016 ル クロ デュ カイユ 赤ワイン tp S

■輸入元様資料より抜粋■ 「Les Cassanets」という砂質土壌の区画で表土にはラベルに描かれている様な無数の丸石、ガレ ルーレが覆う。 94%が600Lのデュミ ミュイにて、残りは500Lのアンフォラにて14ヵ月の熟成。 チェリーリキュールの様な甘美な滑らかさとシナモンなどスパイス感を伴う長く複雑な余韻を持つ 。樹齢は57年。グルナッシュ85%、シラー15%。 WA誌(94-96)点 。■『ワイン アドヴォケイト233号』より抜粋■ A prospective blend of the 2016 Chateauneuf du Pape Les Quartz showed waves of cherry fruit, rich, velvety tannins and a long, spice-driven finish. It's a complete wine, even at this embryonic stage, and should age up to two decades . ◆パーカーポイント:94〜96点 ◆飲み頃:2020〜2035年 INFORMATIONNameChateauneuf du Pape Les Quartz Rouge Le Clos du Caillouブドウ品種グルナッシュ85%/シラー15%生産者名ル クロ デュ カイユ産地フランス/ローヌ/シャトーヌフ・デュ・パプRegionFrance/Rhone/Chateauneuf du Pape内容量750mlWA(92 - 94)/Issue 1st Sep 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャトー・ヌフ・デュ・パプの スーパースターが造る 気品溢れるワイン ■輸入元様資料より抜粋■ 『シャトーヌフ デュ パプと同じテロワールを持つコート デュ ローヌ』 シャトーヌフ デュ パプ北東の境界、クルテゾンの高台に17ha広がるクロ デュ カイユの土地は 『クロ』 の名が示す通り古来より実際に石垣が3キロに渡り築かれた狩猟場の森であった。 フランス最古の原産地呼称であるシャトーヌフ デュ パプが制定された1936年に当時AOCの境界線を決める為に 役人がクロ デュ カイユの土壌調査に訪れた際に番人が銃で追い払った事が不評を買いACシャトーヌフ デュ パプから外れてしまったという逸話 が残っている。 これは現在も『ル カイユ』の区画がAOC境界線から不自然にはみ出している事が地図からも確認できる。 現在この『ル カイユ』と他区画から造られるACコート デュ ローヌが計45haと石垣の外周辺に所有するシャトーヌフ デュ パプを計9ha所有し、年間約25万本を生産。 1950年代に植樹されたぶどう樹が多く残り、平均樹齢は60年を超す。2010年よりビオロジック認証取得、一部区画ではビオディナミを実践している。 野生酵母による発酵など極力ナチュラルな造りが信条 。 『伝説となった天才醸造家、ジャン ドニ ヴァシュロン』 1956年に現オーナーのプイザン家が取得し、森を開墾し本格的なぶどう栽培 ワイン造りを開始。 1990年代半ばまで収穫の大部分はギガルなど大手ネゴシアンへ桶売りしていたが1995年に大きな転機が訪れる。 創業者の孫娘、シルヴィ プイザンがサンセールの名高いドメーヌ ヴァシュロンにてワイン造りを行っていた夫、ジャン ドニ ヴァシュロンとドメーヌを継ぐ事を決心しサンセールからローヌへ移住。 以来細やかな区画毎の栽培醸造管理の徹底、商品レンジの一新や有機栽培の推進など品質向上の為の様々な革新を行いながら元詰めを徐々に増やして 僅か数年でシャトーヌフ デュ パプのトップ生産者と賞される 。 ブルゴーニュワインをこよなく愛したジャン ドニの手腕とそれを可能にする砂質土壌主体の卓越したテロワールと古木グルナッシュの見事な融合により、クロ デュ カイユのワインは 洗練されたエレガンスとフィネスで世に広く知られるようになる 。 その精神は2002年にジャン ドニが不慮の事故死を遂げた後もシルヴィと残された子供達、そして現在の醸造責任者ブルーノ ガスパールに受け継がれており、 終わりの無い品質の追及を今も尚続けている 。 シャトーヌフ デュ パプ レ クワルツ ルージュ 2016 ル クロ デュ カイユ 赤ワイン tp S

モランゴ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 9caveでおなじみのマニュエルが立ち上げた新プロジェクト で ジョアキムのブドウで醸造 、すべてのキュヴェ名に果実名を冠しました。 morango はポルトガル語で イチゴ の意味で、シラーとグルナッシュは直接圧搾、ムールヴェードルは除梗し醸し後、発酵・熟成 SO2 無添加 で仕上げました。 ルビーの外観、 カシスやスミレの香り 、 冷涼感を纏うプラムの果実味が潤いを与えてくれます 。 INFORMATIONNameMorango Tutti Frutti Ananasブドウ品種シラー/グルナッシュ/ムールヴェードル1/3ずつ生産者名トゥッティ フルッティ アナナス産地フランス/ルーションRegionFrance/Roussillon内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 9カーヴ新プロジェクト ジョアキム×マニュエル! 魅力あふれるワインの誕生です! ■輸入元様資料より抜粋■ バニュルスに2008年から誕生した 『Vinyer de la Ruca』 のワインは本数が少なく、需要と供給のバランスで 知る人ぞ知るマニアックなワイン となってしまいました。 その醸造家Manuel Di Vecchi(マニュエル・ディ・ヴェッキ)は1974年生まれのイタリ人。 ブルノ・デュシェン主導で建てられた共同醸造所『le 9 caves』のメンバーで、メンバー内では唯一ブルノをジョークでいじれる底抜けに明るい男です。親分肌で自由な発想をとても大事にしております。 もともとマニュエルはモンペリエでワインの醸造を学び、色んなドメーヌで働いてきました。 そして彼は ビオディナミの理論派実践者 、実はフランスではもともと栽培家・醸造家としてよりも ビオディナミのコンサルタントとして有名 だったのです。 彼はワイン造りを実践する為、最初はイタリアで畑を探しておりましたが、最終的に選んだのは南仏バニュルスの地です。 2006年から栽培を開始しましたが、以前の畑所有者はビオ実践者ではなかったので、彼の納得するブドウにはなりませんでした。2007年も同じです。ですので、この2年間は出来たブドウはカーブ・コぺラティフに販売しました。 この2年間で畑を生まれ変わらせ、納得のゆくブドウが実り、 2008年にやっと初めてのワインの醸造 となりました。 その本数は 2haでたった1000本 、 幻中の幻のバニュルス です。 しかしバニュルスは手間がとてもかかるため、途中から 長期熟成のスティルワイン を醸造する事に変更しました。 そのワインももちろんスーパー美味しく 、 同時にこれもまた瞬時でなくなる幻のワイン となったのです。 そこでお客様の注文に答える為、色々考えました。同じ『le 9 caves』で醸造をしているドメーヌ・カルテロルのJoachim Roque(ジョアキム・ロック)から 安定的に良質のブドウが購入出来るので 、 それなら一緒に造ろうと!!! 2017年に新しい会社を設立して カジュアル路線のワイン を造る事にしました。 メンバーは3人。 (1)Manuel(マニュエル)が醸造責任者 (2)Joachim(ジョアキム)が畑の責任者(彼の畑のブドウを提供) (3)友人のイタリア人Francesco(フランセスコ)がフランスに移住し醸造補助兼マーケティング責任者 と凄いチームとなりました。4種類のワインがあり、 全て直ぐに飲める飲みやすいカジュアルなスタイル を意識しました。 何故ならマニュエルが自社畑のブドウでつくる所謂“ドメーヌもの”ワインが飲み頃になるのには非常に時間がかかるからです。 全く違った側面の魅力あふれるワインの誕生 です。是非お召し上がりください。 (新井順子) モランゴ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 赤ワイン S

シャトーヌフ デュ パプ レ サフル ルージュ 2016 ル クロ デュ カイユ 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 「Les Bedines」という区画産でこの地特有の凝固した砂岩、サフルがキュヴェ名。樹齢57-70年。複数手掛けるヌフパプの中でも 最も繊細さ 、 しなやかさが顕著に表れるワイン 。 フードルとデュミ ミュイにて14ヵ月樽熟成。 グルナッシュ95%、ムール ヴェードル、シラー、サンソーが5%。WA誌(93-95)点。■『ワイン アドヴォケイト233号』より抜粋■ The 2016 Chateauneuf du Pape Les Safres delivers crisply defined cherry fruit, a richly tannic mid-palate and a long, focused, velvety finish . It looks likely to need a bit of cellaring but to be capable of aging up to two decades. ◆パーカーポイント:93〜95点 ◆飲み頃:2020〜2035年 INFORMATIONNameChateauneuf du Pape Les Safres Rouge Le Clos du Caillouブドウ品種グルナッシュ95%/ムール ヴェードル、シラー、サンソー計5%生産者名ル クロ デュ カイユ産地フランス/ローヌ/シャトーヌフ・デュ・パプRegionFrance/Rhone/Chateauneuf du Pape内容量750mlWA(95 - 97)/Issue 1st Sep 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャトー・ヌフ・デュ・パプの スーパースターが造る 気品溢れるワイン ■輸入元様資料より抜粋■ 『シャトーヌフ デュ パプと同じテロワールを持つコート デュ ローヌ』 シャトーヌフ デュ パプ北東の境界、クルテゾンの高台に17ha広がるクロ デュ カイユの土地は 『クロ』 の名が示す通り古来より実際に石垣が3キロに渡り築かれた狩猟場の森であった。 フランス最古の原産地呼称であるシャトーヌフ デュ パプが制定された1936年に当時AOCの境界線を決める為に 役人がクロ デュ カイユの土壌調査に訪れた際に番人が銃で追い払った事が不評を買いACシャトーヌフ デュ パプから外れてしまったという逸話 が残っている。 これは現在も『ル カイユ』の区画がAOC境界線から不自然にはみ出している事が地図からも確認できる。 現在この『ル カイユ』と他区画から造られるACコート デュ ローヌが計45haと石垣の外周辺に所有するシャトーヌフ デュ パプを計9ha所有し、年間約25万本を生産。 1950年代に植樹されたぶどう樹が多く残り、平均樹齢は60年を超す。2010年よりビオロジック認証取得、一部区画ではビオディナミを実践している。 野生酵母による発酵など極力ナチュラルな造りが信条 。 『伝説となった天才醸造家、ジャン ドニ ヴァシュロン』 1956年に現オーナーのプイザン家が取得し、森を開墾し本格的なぶどう栽培 ワイン造りを開始。 1990年代半ばまで収穫の大部分はギガルなど大手ネゴシアンへ桶売りしていたが1995年に大きな転機が訪れる。 創業者の孫娘、シルヴィ プイザンがサンセールの名高いドメーヌ ヴァシュロンにてワイン造りを行っていた夫、ジャン ドニ ヴァシュロンとドメーヌを継ぐ事を決心しサンセールからローヌへ移住。 以来細やかな区画毎の栽培醸造管理の徹底、商品レンジの一新や有機栽培の推進など品質向上の為の様々な革新を行いながら元詰めを徐々に増やして 僅か数年でシャトーヌフ デュ パプのトップ生産者と賞される 。 ブルゴーニュワインをこよなく愛したジャン ドニの手腕とそれを可能にする砂質土壌主体の卓越したテロワールと古木グルナッシュの見事な融合により、クロ デュ カイユのワインは 洗練されたエレガンスとフィネスで世に広く知られるようになる 。 その精神は2002年にジャン ドニが不慮の事故死を遂げた後もシルヴィと残された子供達、そして現在の醸造責任者ブルーノ ガスパールに受け継がれており、 終わりの無い品質の追及を今も尚続けている 。 シャトーヌフ デュ パプ レ サフル ルージュ 2016 ル クロ デュ カイユ 赤ワイン S

コート ロティ 2015 ドメーヌ ジャメ 赤ワイン S

INFORMATIONNameCote Rotie Domaine Jametブドウ品種シラー生産者名ドメーヌ ジャメ産地フランス/ローヌ/コート・ロティRegionFrance/Rhone/Cote Rotie内容量750mlWA96+/Issue 1st Nov 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 生産量はごく僅か! パーカーも大絶賛の コート・ロティを代表する造り手 ■輸入元様資料より抜粋■ コートロティは北ローヌ地方に位置し、 ローマ人が初めてブドウを栽培した場所 として広く認められています。 アンピュイ村のドメーヌジャメが造るワインは 生産量が非常に限られています 。 ジョセフ・ジャメが1979年にドメーヌを立ち上げ、現在では息子のジャンポールとジャンルークによって運営されています。 この15年間でジャメ兄弟により多くの改善がなされました 。ジャンポールの妻、コリンはワインの瓶詰めと出荷を担当しています。 カーヴでは完全に重力に従って作業を行うため、 ブドウを強くプレスしたり果汁をポンプで汲み上げる事はありません 。 9ヘクタールの畑を所有し、そのうち6ヘクタールの畑の 平均樹齢は25〜50年 です。残りの3ヘクタールは最近植えられました。 使用するブドウの75%はコート・ブリューヌ、残りの25%はコート・ブロンドの畑のものです。 リュットレゾネで栽培 しています。 コート ロティ 2015 ドメーヌ ジャメ 赤ワイン S

ゲヴェルツトラミネール ヴァンダンジュ タルディヴ 1997 トリンバック 白ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り S

■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 極上の甘口! フランスにある ミシュラン3ツ星レストラン全店 で、トリンバックのワインが採用されていたというから、この造り手が、どれほど世界的に評価されているか分かると思います。(2016年の情報) そんな 偉大な造り手 から、20年以上熟成したワインが入荷しました。 ブドウを遅摘み することにより、糖度があがり、 甘口に仕上げる のが、このヴァンダンジュ・タルディヴ。 21年の熟成を経て、究極の味 に仕上がっていると思います! 恐らく、20年以上の熟成を経たアルザスのワインを口にしたことのある人は、殆どいないと思います。 限られた本数の入荷であり、 またとないチャンス です。是非、お試し下さい! INFORMATIONNameGewurztraminer Vendanges Tardives Trimbachブドウ品種ゲヴェルツトラミネール生産者名トリンバック産地フランス/アルザスRegionFrance/Alsace内容量750mlWA93/Issue 21st Jun 1999WS86/Issue Jun 15, 2000※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ゲヴェルツトラミネール ヴァンダンジュ タルディヴ 1997 トリンバック 白ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り S

オマージュ ア ジャック ペラン 2013 シャトー ド ボーカステル 赤ワイン tp

INFORMATIONNameHommage a Jacque Perrin Chateaux de Beaucastelブドウ品種生産者名シャトー・ド・ボーカステル産地フランス/ローヌRegionFrance/Rhone内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ロバート・パーカー氏から 最高の5ツ星評価! ワイン好き憧れの逸品!! ロバート・パーカー氏の著 『The Wines of Rhone Valley』 でも… 『最高の5ツ星を獲得!』 フランス・ワインの評価本 『Les Meilleurs vins de France2010』 では、 《シャトー・ペトリュス》や、《シャトー・ラフィット・ロートシルト》、《クリュッグ》、《ロマネ・コンティ》 などと共に最高の3ツ星を獲得! そして… 『死ぬ前に飲むべき100のワイン』 では、下記のように語られている造り手、それが シャトー・ド・ボーカステル です。 ■■ニール・ベケット氏監修『死ぬ前に飲むべき100のワイン』より抜粋■■ 現在、 シャトー・ド・ボーカステル は、ジャックの2人の息子、ジャンとフランソワによって経営されている。 1989年は気候がとても良かったので、ペラン兄弟はこの年の葡萄から亡き父に捧げるキュベを造る事に決めた。オマージュ・ア・ジャック・ペランは主に、少量の完熟し、濃縮された果実をつけるムールヴェードルの古木の葡萄を使っている。 そのワインは2006年 ワールド・オブ・ファイン・ワイン・ショー でのシャトーヌフ・デュ・パプのブラインド・テイスティングに出品され、シャトー・ド・ボーカステル・オマージュ・ア・ジャック・ペランの4つのヴィンテージが、 上位4位を独占 し、疑いも無くそれは ローヌ南部の最高のワイン であることを証明した。 と、その伝説的なエピソードを語っています。 私も今年、とある、古酒の品揃えが魅力的なお店で、いくつかの候補の中に出てきた、ボーカステルのシャトーヌフ・デュ・パプ 1992年 を飲んだのですが、何ともいえない調和の取れたかぐわしい香りと味わいの魅力に、今一度、 この造り手の実力 を見せ付けられた思いがしました。 そんな訳で… 皆様にも飲んで頂きたく、色々探していたのですが、ようやく今回、 3ヴィンテージ を揃えてご紹介する事が出来るチャンスが来ました! 今回、最も 飲み頃 としてオススメの1本から、 『96点獲得!』の2007年 まで、気になる3ヴィンテージが揃いました。 ローヌきっての名手の1本、是非味わってください!! オマージュ ア ジャック ペラン 2013 シャトー ド ボーカステル 赤ワイン tp

コート ロティ 2012 ドメーヌ ジャメ 赤ワイン tp S

INFORMATIONNameCote Rotie Domaine Jametブドウ品種シラー生産者名ドメーヌ ジャメ産地フランス/ローヌ/コート・ロティRegionFrance/Rhone/Cote Rotie内容量750mlWA96/Issue 14th Sep 2015WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 生産量はごく僅か! パーカーも大絶賛の コート・ロティを代表する造り手 ■輸入元様資料より抜粋■ コートロティは北ローヌ地方に位置し、 ローマ人が初めてブドウを栽培した場所 として広く認められています。 アンピュイ村のドメーヌジャメが造るワインは 生産量が非常に限られています 。 ジョセフ・ジャメが1979年にドメーヌを立ち上げ、現在では息子のジャンポールとジャンルークによって運営されています。 この15年間でジャメ兄弟により多くの改善がなされました 。ジャンポールの妻、コリンはワインの瓶詰めと出荷を担当しています。 カーヴでは完全に重力に従って作業を行うため、 ブドウを強くプレスしたり果汁をポンプで汲み上げる事はありません 。 9ヘクタールの畑を所有し、そのうち6ヘクタールの畑の 平均樹齢は25〜50年 です。残りの3ヘクタールは最近植えられました。 使用するブドウの75%はコート・ブリューヌ、残りの25%はコート・ブロンドの畑のものです。 リュットレゾネで栽培 しています。 コート ロティ 2012 ドメーヌ ジャメ 赤ワイン tp S

エルミタージュ ブラン ル メアル 2015 M.シャプティエ 白ワイン tp S

■『ワイン・アドヴォケイト228号』より抜粋■ Another perfect wine is the 2015 Ermitage le Meal Blanc. The most decadent, unctuous and layered in the lineup, with to-die-for notes of white currants, toasted nuts, celery seed and licorice, it hits the palate with full-bodied richness, a huge mid-palate and a refreshing, pure, yet blockbuster finish that just won’t quit . If I had to pick a desert island white, this might be it . ◆パーカーポイント:100点 ◆飲み頃予想:2016〜2046年 ■輸入元様資料より抜粋■ 区画ごとに細分化された畑でビオディナミ農法によって栽培され、樹齢の古いブド ウから造られた、生産量の非常に限られた貴重な白ワインです。 『エルミタージュ ブラン ル・メアル』は1997年がファースト・ヴィンテージで、ブドウの平均樹齢は50年、畑はわずか2haです。 2014年はパーカーポイント97点を獲得しました。 INFORMATIONNameErmitage Blanc le Meal M. Chapoutierブドウ品種マルサンヌ生産者名M.シャプティエ産地フランス/ローヌ/エルミタージュ1RegionFrance/Rhone/Ermitage内容量750mlWA100/Issue 31st Dec 2016WS97/Issue Aug 31, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ローヌを代表する生産者であり、北ローヌ、南ローヌ各地のワインを世に送り出している、Mシャプティエ。 1808年からと歴史は古く、 有機農法を実践 、その造りはフランス本国でも高い評判を得ている、シャプティエ。 シャプティエと言えば、 ラベルにほどこした点字も有名 ですが、その発端は友人で盲目のシャンソン歌手の為に、彼女のお気に入りのワインがいつもテーブルにある事が確かめられる様に、との優しさからでした。 規模は大きくとも、ワインに対する思い、シャプティエのワインを愛する人々に対する思いがストレートに伝わる。 シャプティエの魅力が色褪せない秘訣なのではないでしょうか! そんな『変わらぬ良き心』を持ち続けるシャプティエのワインの中の頂点であり、きわめて樹齢の高い畑、限られた生産量で生み出される最上級品、セレクション・パーセレールが入荷しました。 驚きのパーカー・ポイント高得点連発ワイン が登場ですっ! 思わず、目が点になり、 『スッゲ〜っ!』 と声出てしまいました。 イメージ的には… ( ゜_゜;) こんな感じです(笑) 本当に、ビックリしました!! エルミタージュ ブラン ル メアル 2015 M.シャプティエ 白ワイン tp S

エルミタージュ ルージュ ル メアル 2015 M.シャプティエ 赤ワイン tp S

■『ワイン・アドヴォケイト234号』より抜粋■ When in the course of a tasting session one is confronted by a wine that stands above the others, I find it impossible to give more than a single perfect score. So the 2015 Ermitage le Meal gets a 'consolation prize' 99+ rating . Full-bodied and intense, loaded with blackberry fruit that pushes the limits of ripeness and richness , this incredible wine retains such fine details as hints of crushed stone, cinnamon, clove and nutmeg. Unless it shuts down, it should be drinkable by 2025 and give pleasure for many years to come . ◆パーカーポイント:99+点 ■輸入元様資料より抜粋■ 「エルミタージュ ルージュ ル・メアル」は1996年がファースト・ヴィンテージで、 ブドウの平均樹齢は50年、畑はわずか2.2haです。 2013年はパーカーポイント97点を獲得しました。 フルボディでビロードのようななめらかで力強いタンニンが特徴。 ブラックベリーのジャムのような濃厚なワイン。 INFORMATIONNameErmitage le Meal M. Chapoutierブドウ品種シラー生産者名M.シャプティエ産地フランス/ローヌ/エルミタージュ1RegionFrance/Rhone/Ermitage内容量750mlWA99+/Issue 30th Dec 2017WS98/Issue Aug 31, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ローヌを代表する生産者であり、北ローヌ、南ローヌ各地のワインを世に送り出している、Mシャプティエ。 1808年からと歴史は古く、 有機農法を実践 、その造りはフランス本国でも高い評判を得ている、シャプティエ。 シャプティエと言えば、 ラベルにほどこした点字も有名 ですが、その発端は友人で盲目のシャンソン歌手の為に、彼女のお気に入りのワインがいつもテーブルにある事が確かめられる様に、との優しさからでした。 規模は大きくとも、ワインに対する思い、シャプティエのワインを愛する人々に対する思いがストレートに伝わる。 シャプティエの魅力が色褪せない秘訣なのではないでしょうか! そんな『変わらぬ良き心』を持ち続けるシャプティエのワインの中の頂点であり、きわめて樹齢の高い畑、限られた生産量で生み出される最上級品、セレクション・パーセレールが入荷しました。 驚きのパーカー・ポイント高得点連発ワイン が登場ですっ! 思わず、目が点になり、 『スッゲ〜っ!』 と声出てしまいました。 イメージ的には… ( ゜_゜;) こんな感じです(笑) 本当に、ビックリしました!! エルミタージュ ルージュ ル メアル 2015 M.シャプティエ 赤ワイン tp S

モランゴ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 9caveでおなじみのマニュエルが立ち上げた新プロジェクト で ジョアキムのブドウで醸造 、すべてのキュヴェ名に果実名を冠しました。 morango はポルトガル語で イチゴ の意味で、シラーとグルナッシュは直接圧搾、ムールヴェードルは除梗し醸し後、発酵・熟成 SO2 無添加 で仕上げました。 ルビーの外観、 カシスやスミレの香り 、 冷涼感を纏うプラムの果実味が潤いを与えてくれます 。 INFORMATIONNameMorango Tutti Frutti Ananasブドウ品種シラー/グルナッシュ/ムールヴェードル1/3ずつ生産者名トゥッティ フルッティ アナナス産地フランス/ルーションRegionFrance/Roussillon内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 9カーヴ新プロジェクト ジョアキム×マニュエル! 魅力あふれるワインの誕生です! ■輸入元様資料より抜粋■ バニュルスに2008年から誕生した 『Vinyer de la Ruca』 のワインは本数が少なく、需要と供給のバランスで 知る人ぞ知るマニアックなワイン となってしまいました。 その醸造家Manuel Di Vecchi(マニュエル・ディ・ヴェッキ)は1974年生まれのイタリ人。 ブルノ・デュシェン主導で建てられた共同醸造所『le 9 caves』のメンバーで、メンバー内では唯一ブルノをジョークでいじれる底抜けに明るい男です。親分肌で自由な発想をとても大事にしております。 もともとマニュエルはモンペリエでワインの醸造を学び、色んなドメーヌで働いてきました。 そして彼は ビオディナミの理論派実践者 、実はフランスではもともと栽培家・醸造家としてよりも ビオディナミのコンサルタントとして有名 だったのです。 彼はワイン造りを実践する為、最初はイタリアで畑を探しておりましたが、最終的に選んだのは南仏バニュルスの地です。 2006年から栽培を開始しましたが、以前の畑所有者はビオ実践者ではなかったので、彼の納得するブドウにはなりませんでした。2007年も同じです。ですので、この2年間は出来たブドウはカーブ・コぺラティフに販売しました。 この2年間で畑を生まれ変わらせ、納得のゆくブドウが実り、 2008年にやっと初めてのワインの醸造 となりました。 その本数は 2haでたった1000本 、 幻中の幻のバニュルス です。 しかしバニュルスは手間がとてもかかるため、途中から 長期熟成のスティルワイン を醸造する事に変更しました。 そのワインももちろんスーパー美味しく 、 同時にこれもまた瞬時でなくなる幻のワイン となったのです。 そこでお客様の注文に答える為、色々考えました。同じ『le 9 caves』で醸造をしているドメーヌ・カルテロルのJoachim Roque(ジョアキム・ロック)から 安定的に良質のブドウが購入出来るので 、 それなら一緒に造ろうと!!! 2017年に新しい会社を設立して カジュアル路線のワイン を造る事にしました。 メンバーは3人。 (1)Manuel(マニュエル)が醸造責任者 (2)Joachim(ジョアキム)が畑の責任者(彼の畑のブドウを提供) (3)友人のイタリア人Francesco(フランセスコ)がフランスに移住し醸造補助兼マーケティング責任者 と凄いチームとなりました。4種類のワインがあり、 全て直ぐに飲める飲みやすいカジュアルなスタイル を意識しました。 何故ならマニュエルが自社畑のブドウでつくる所謂“ドメーヌもの”ワインが飲み頃になるのには非常に時間がかかるからです。 全く違った側面の魅力あふれるワインの誕生 です。是非お召し上がりください。 (新井順子) モランゴ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 赤ワイン S

シャトーヌフ デュ パプ レ サフル ルージュ 2016 ル クロ デュ カイユ 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 「Les Bedines」という区画産でこの地特有の凝固した砂岩、サフルがキュヴェ名。樹齢57-70年。複数手掛けるヌフパプの中でも 最も繊細さ 、 しなやかさが顕著に表れるワイン 。 フードルとデュミ ミュイにて14ヵ月樽熟成。 グルナッシュ95%、ムール ヴェードル、シラー、サンソーが5%。WA誌(93-95)点。■『ワイン アドヴォケイト233号』より抜粋■ The 2016 Chateauneuf du Pape Les Safres delivers crisply defined cherry fruit, a richly tannic mid-palate and a long, focused, velvety finish . It looks likely to need a bit of cellaring but to be capable of aging up to two decades. ◆パーカーポイント:93〜95点 ◆飲み頃:2020〜2035年 INFORMATIONNameChateauneuf du Pape Les Safres Rouge Le Clos du Caillouブドウ品種グルナッシュ95%/ムール ヴェードル、シラー、サンソー計5%生産者名ル クロ デュ カイユ産地フランス/ローヌ/シャトーヌフ・デュ・パプRegionFrance/Rhone/Chateauneuf du Pape内容量750mlWA(95 - 97)/Issue 1st Sep 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャトー・ヌフ・デュ・パプの スーパースターが造る 気品溢れるワイン ■輸入元様資料より抜粋■ 『シャトーヌフ デュ パプと同じテロワールを持つコート デュ ローヌ』 シャトーヌフ デュ パプ北東の境界、クルテゾンの高台に17ha広がるクロ デュ カイユの土地は 『クロ』 の名が示す通り古来より実際に石垣が3キロに渡り築かれた狩猟場の森であった。 フランス最古の原産地呼称であるシャトーヌフ デュ パプが制定された1936年に当時AOCの境界線を決める為に 役人がクロ デュ カイユの土壌調査に訪れた際に番人が銃で追い払った事が不評を買いACシャトーヌフ デュ パプから外れてしまったという逸話 が残っている。 これは現在も『ル カイユ』の区画がAOC境界線から不自然にはみ出している事が地図からも確認できる。 現在この『ル カイユ』と他区画から造られるACコート デュ ローヌが計45haと石垣の外周辺に所有するシャトーヌフ デュ パプを計9ha所有し、年間約25万本を生産。 1950年代に植樹されたぶどう樹が多く残り、平均樹齢は60年を超す。2010年よりビオロジック認証取得、一部区画ではビオディナミを実践している。 野生酵母による発酵など極力ナチュラルな造りが信条 。 『伝説となった天才醸造家、ジャン ドニ ヴァシュロン』 1956年に現オーナーのプイザン家が取得し、森を開墾し本格的なぶどう栽培 ワイン造りを開始。 1990年代半ばまで収穫の大部分はギガルなど大手ネゴシアンへ桶売りしていたが1995年に大きな転機が訪れる。 創業者の孫娘、シルヴィ プイザンがサンセールの名高いドメーヌ ヴァシュロンにてワイン造りを行っていた夫、ジャン ドニ ヴァシュロンとドメーヌを継ぐ事を決心しサンセールからローヌへ移住。 以来細やかな区画毎の栽培醸造管理の徹底、商品レンジの一新や有機栽培の推進など品質向上の為の様々な革新を行いながら元詰めを徐々に増やして 僅か数年でシャトーヌフ デュ パプのトップ生産者と賞される 。 ブルゴーニュワインをこよなく愛したジャン ドニの手腕とそれを可能にする砂質土壌主体の卓越したテロワールと古木グルナッシュの見事な融合により、クロ デュ カイユのワインは 洗練されたエレガンスとフィネスで世に広く知られるようになる 。 その精神は2002年にジャン ドニが不慮の事故死を遂げた後もシルヴィと残された子供達、そして現在の醸造責任者ブルーノ ガスパールに受け継がれており、 終わりの無い品質の追及を今も尚続けている 。 シャトーヌフ デュ パプ レ サフル ルージュ 2016 ル クロ デュ カイユ 赤ワイン S

サウレタス 2011 セバスチャン リフォー 白ワイン S

『ボリュームに圧倒!』 ■ 輸入元様資料より抜粋 ■ 「太陽の下」という意味。 このサウレタスは 2010年VINから日本初上陸になります 。(タカムラには2008年が独占入荷!) 収穫後プレスして タンクで1年間発酵、その後古い樽で1年寝かせます 。 樹齢50年、泥灰白亜石灰岩質土壌。 色は非常に濃い山吹色、フィルター無しのため見た目から透明性は高くありません 。 香はしょっぱなから凄いボリュームです。 熟成した黄桃、アプリコット、オレンジママレード、杏ジャム、チョコレートすらも思わせ、 ソーヴィ二ヨン・ブランの一般的なイメージから程遠いです 。 味わいよりも厚みが先に現れます。酸がこんなに沢山あるのに、 エキスがつまっておりボリュームに圧倒され感じません 。 味わい自体は素朴で自然な、 大きな大きな大〜〜きなワインです 。天然アルコール度数14.34度。 INFORMATIONNameSauletas Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワールRegionFrance/Loire内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 サウレタス 2011 セバスチャン リフォー 白ワイン S

セ タン ブラン 2017 リエッシュ1000ml 白ワイン

INFORMATIONNameC'est un Blanc Le Litre Rietschブドウ品種シルヴァネール/リースリング/オーセロワ生産者名リエッシュ産地フランス/アルザスRegionFrance/Alsace内容量1000mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《アルザスの純真》 伝統的なワインから ナチュラルヘ ■輸入元様資料より抜粋■ 《アルザスの純真》 アルザス地方ミッテルベルカイムは 「フランスで最も美しい村のひとつ」 素朴でこじんまりとしてますが伝統的な街並みがとても美しい村にリエッシュはあります。 リエッシュ家の人たちはもの静かで素直。育ちの良さが伝わってきます。 美しい酸 と ミネラル を感じる伝統的なスタイルのワインから、酸化防止剤無添加・醸し期間を長くとった実験的なワインなど、年々 ナチュラル な方向へ向かっています。 エチケットは家の裏に住む女性アーティストがデザインしたもの。 セ タン ブラン 2017 リエッシュ1000ml 白ワイン

サン ジョセフ ブラン ピトル 2011 ダール エ リボ 白ワイン ボトルにあるペンの文字色は画像と異なる場合があります

■輸入元様資料より抜粋■ この区画の 個性がしっかりと表現できた年にのみリリース されるスペシャルキュヴェ。 毎年リリースしないこともあって、通常のサン・ジョセフのエチケットを貼り、ボトル上に直接ペンでキュヴェ名を書き込んでいます。 もともとピトルというあだ名の友人がいて、その友人の畑だった区画で、その友人が亡くなってしまった後にダール・エ・リボがこの畑を購入してルーサンヌを植えました。 造り手によるとまだ樹齢が若くテロワールを十分に表現しきれていないと言いますが、大変日当たりのよい区画で土壌も豊かなためブドウが非常によく熟し、 豊かな果実味 と 美しさのあるミネラル感 のバランスが良い、 密度のある味わい を備えたワインとなっています。 黄色い花のポプリ、 金柑 、 カリンキャンディ 、 はっさくの実とその皮 のようなジューシーな香りに、 蜜 、ほんのりと エルブドプロヴァンス のようなハーブっぽさも。 香りに感じた凛とした果実味とコクのあるふくらみ、 ミネラルがしっかりと表現され 、旨みがしっかりと感じられます。 優しく柔らかい香り と、 凛とした味わいのギャップ も心地良くって、おススメです! (2019年2月17日試飲) INFORMATIONNameSaint Joseph Blanc Pitrou Dard et Riboブドウ品種ルーサンヌ 100%生産者名ダール・エ・リボ産地フランス/ローヌ/サン・ジョセフRegionFrance/Rhone/Saint Joseph内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating サン ジョセフ ブラン ピトル 2011 ダール エ リボ 白ワイン ボトルにあるペンの文字色は画像と異なる場合があります

オスマン 2015 レ ヴィニュロン パリジャン 赤ワイン S

パリの3区で醸造! ワイン名の 《オスマン》 とは、パリを整備した 19世紀のパリ市長 2/3はタンク、1/3は600Lの新樽で11ヶ月熟成。カシスやブルーベリー、グレープフルーツ、スミレの複雑な香り。燻した香りやグリエしたノート。 力強さとフィネス を備えた美しいストラクチャー。噛み応えのあるタンニンが 熟成のポテンシャル を感じさせる。 品種:シラー100% ■輸入元様資料より抜粋■ HAUSSMANN・・・パリを整備した19世紀のパリ市長 2/3はタンク、1/3は600Lの新樽で11ヶ月熟成。 カシス や ブルーベリー 、 グレープフルーツ 、 スミレ の複雑な香り。 燻した香りやグリエしたノート。力強さとフィネスを備えた美しいストラクチャー。 噛み応えのあるタンニン が熟成のポテンシャルを感じさせる。 ■ワイン名(原語)/Haussmann Les Vignerons Parisiens ■ブドウ品種/シラー100% ■生産者名/レ・ヴィニュロン・パリジャン ■産地/フランス/パリ(ローヌ産ブドウ使用) ■内容量/750ml ワイン好き、旅好き…一度訪れるとその魅力に虜になってしまう、 フランス・パリ 。 そのパリの 中心地3区にワイナリー誕生 というニュースをキャッチし、幸運にも、そのワインを入手しました! 『ヴィニュロン・パリジャン』は『ミクロ・ワイナリー』と称される、 ごく小さなワイナリー 。 『パリジャンにもっとワインを身近に感じてもらいたい。』 と、生粋のパリジャンのマチュー氏が設立、創設メンバーの顔ぶれも、美味しいワインを生み出すのに申し分ないメンバーです! ローヌを中心に60以上のドメーヌのコンサルを行う有機栽培専門家 ローヌの敏腕コンサルタント、フィリップ・カンビ氏がコンサルタントを務めるローヌのドメーヌの元オーナー そんな 業界の実力派達 が契約農家と栽培、収穫に携わり、有機栽培、ビオディナミを実践したローヌのブドウを、パリで醸造、瓶詰めして生まれるのが、このヴィニュロン・パリジャンなのです。 そんな 『パリ生まれ』『実力派たちのコラボ』 から生まれたワインを、パリジャン、パリジェンヌが見逃すわけがありません。 パリ好き、美食好きの方なら知らない人はいないであろう、名店がこぞって採用しています!! 【有名店がこぞって採用!】 『三ツ星フレンチ』Pavillon Ledoyen(パヴィヨン・ルドワイヤン) 『予約困難ビストロノミー』Frenchie(フレンチー) 『老舗高級デパート』Le Bon Marche(ボン・マルシェ) さらに… ロゴには パリの紋章 を、キュヴェ名には パリに縁のある名前 をチョイスと、パリジャン、パリジェンヌの心をもくすぐるワインなんです♪ ひとたびパリ気分に浸れるのはもちろん、ワイン好きの間でも、まだ知る人ぞ知るこのワインを、皆様にご紹介します。 話題満載! パリの有名どころも採用のパリ仕込みワインです! オスマン 2015 レ ヴィニュロン パリジャン 赤ワイン S

モランゴ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 9caveでおなじみのマニュエルが立ち上げた新プロジェクト で ジョアキムのブドウで醸造 、すべてのキュヴェ名に果実名を冠しました。 morango はポルトガル語で イチゴ の意味で、シラーとグルナッシュは直接圧搾、ムールヴェードルは除梗し醸し後、発酵・熟成 SO2 無添加 で仕上げました。 ルビーの外観、 カシスやスミレの香り 、 冷涼感を纏うプラムの果実味が潤いを与えてくれます 。 INFORMATIONNameMorango Tutti Frutti Ananasブドウ品種シラー/グルナッシュ/ムールヴェードル1/3ずつ生産者名トゥッティ フルッティ アナナス産地フランス/ルーションRegionFrance/Roussillon内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 9カーヴ新プロジェクト ジョアキム×マニュエル! 魅力あふれるワインの誕生です! ■輸入元様資料より抜粋■ バニュルスに2008年から誕生した 『Vinyer de la Ruca』 のワインは本数が少なく、需要と供給のバランスで 知る人ぞ知るマニアックなワイン となってしまいました。 その醸造家Manuel Di Vecchi(マニュエル・ディ・ヴェッキ)は1974年生まれのイタリ人。 ブルノ・デュシェン主導で建てられた共同醸造所『le 9 caves』のメンバーで、メンバー内では唯一ブルノをジョークでいじれる底抜けに明るい男です。親分肌で自由な発想をとても大事にしております。 もともとマニュエルはモンペリエでワインの醸造を学び、色んなドメーヌで働いてきました。 そして彼は ビオディナミの理論派実践者 、実はフランスではもともと栽培家・醸造家としてよりも ビオディナミのコンサルタントとして有名 だったのです。 彼はワイン造りを実践する為、最初はイタリアで畑を探しておりましたが、最終的に選んだのは南仏バニュルスの地です。 2006年から栽培を開始しましたが、以前の畑所有者はビオ実践者ではなかったので、彼の納得するブドウにはなりませんでした。2007年も同じです。ですので、この2年間は出来たブドウはカーブ・コぺラティフに販売しました。 この2年間で畑を生まれ変わらせ、納得のゆくブドウが実り、 2008年にやっと初めてのワインの醸造 となりました。 その本数は 2haでたった1000本 、 幻中の幻のバニュルス です。 しかしバニュルスは手間がとてもかかるため、途中から 長期熟成のスティルワイン を醸造する事に変更しました。 そのワインももちろんスーパー美味しく 、 同時にこれもまた瞬時でなくなる幻のワイン となったのです。 そこでお客様の注文に答える為、色々考えました。同じ『le 9 caves』で醸造をしているドメーヌ・カルテロルのJoachim Roque(ジョアキム・ロック)から 安定的に良質のブドウが購入出来るので 、 それなら一緒に造ろうと!!! 2017年に新しい会社を設立して カジュアル路線のワイン を造る事にしました。 メンバーは3人。 (1)Manuel(マニュエル)が醸造責任者 (2)Joachim(ジョアキム)が畑の責任者(彼の畑のブドウを提供) (3)友人のイタリア人Francesco(フランセスコ)がフランスに移住し醸造補助兼マーケティング責任者 と凄いチームとなりました。4種類のワインがあり、 全て直ぐに飲める飲みやすいカジュアルなスタイル を意識しました。 何故ならマニュエルが自社畑のブドウでつくる所謂“ドメーヌもの”ワインが飲み頃になるのには非常に時間がかかるからです。 全く違った側面の魅力あふれるワインの誕生 です。是非お召し上がりください。 (新井順子) モランゴ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 赤ワイン S

アクメニネ 2015 セバスチャン リフォー 白ワイン S

INFORMATIONNameSancerre Akmenine Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワール/サンセールRegionFrance/Loire/Sancerre内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 アクメニネ 2015 セバスチャン リフォー 白ワイン S

エルミタージュ ルージュ ル メアル 2013 フェラトン ペール エ フィス 赤ワイン S tp

96点! ローヌ地方の有名な造り手と言えば、ギガルや、シャプティエの名前が挙がりますが、個人的には、 『このフェラトン・ペール・エ・フィスを忘れて貰ったら困ります!』 という気持ちがあります(笑) 日本ではあまり知られていないので、あまり売れないのですが、ワインの本場、 イギリスではかなり評判なのです! なんと、あのデキャンター誌では… 『96点を獲得!』 しかも、《試すべきエルミタージュ12本》という特集で、シャプティエと、シャーヴに次ぐ高評価! 本物のローヌ好き にこそ飲んで頂きたい逸品です! この品質のワインが、1万円台で買えるなんて、幸せ♪ INFORMATIONNameErmitage le Meal Ferraton Pere et Filsブドウ品種シラー生産者名フェラトン・ペール・エ・フィス産地フランス/ローヌRegionFrance/Rhone内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating エルミタージュ ルージュ ル メアル 2013 フェラトン ペール エ フィス 赤ワイン S tp

シラー コリーヌ ローダニエンヌ 2016 ジャメ 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ ドメーヌが手掛けるヴァンドペイでシンプルに楽しめるワイン 。 アペラシオンヴァンドペイデコリンヌロダニエンヌ 。 土壌:雲母片岩、花崗岩 品種:シラー100% 醸造:除梗し二週間マセラシオン 熟成:5〜6年物の樽で12ケ月熟成。 区画:標高の高いアンピュイ、コンドリュー INFORMATIONNameSyrah IGP Collines Rhodaniennes Domaine Jametブドウ品種シラー100%生産者名ジャメ産地フランス/ローヌRegionFrance/Rhone内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 生産量はごく僅か! パーカーも大絶賛の コート・ロティを代表する造り手 ■輸入元様資料より抜粋■ コートロティは北ローヌ地方に位置し、 ローマ人が初めてブドウを栽培した場所 として広く認められています。 アンピュイ村のドメーヌジャメが造るワインは 生産量が非常に限られています 。 ジョセフ・ジャメが1979年にドメーヌを立ち上げ、現在では息子のジャンポールとジャンルークによって運営されています。 この15年間でジャメ兄弟により多くの改善がなされました 。ジャンポールの妻、コリンはワインの瓶詰めと出荷を担当しています。 カーヴでは完全に重力に従って作業を行うため、 ブドウを強くプレスしたり果汁をポンプで汲み上げる事はありません 。 9ヘクタールの畑を所有し、そのうち6ヘクタールの畑の 平均樹齢は25〜50年 です。残りの3ヘクタールは最近植えられました。 使用するブドウの75%はコート・ブリューヌ、残りの25%はコート・ブロンドの畑のものです。 リュットレゾネで栽培 しています。 シラー コリーヌ ローダニエンヌ 2016 ジャメ 赤ワイン S

クー ド クー 2011 リエッシュ 白ワイン S

INFORMATIONNameCoup de Coeur Rietschブドウ品種ゲヴュルツトラミネール/リースリング生産者名リエッシュ産地フランス/アルザスRegionFrance/Alsace内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《アルザスの純真》 伝統的なワインから ナチュラルヘ ■輸入元様資料より抜粋■ 《アルザスの純真》 アルザス地方ミッテルベルカイムは 「フランスで最も美しい村のひとつ」 素朴でこじんまりとしてますが伝統的な街並みがとても美しい村にリエッシュはあります。 リエッシュ家の人たちはもの静かで素直。育ちの良さが伝わってきます。 美しい酸 と ミネラル を感じる伝統的なスタイルのワインから、酸化防止剤無添加・醸し期間を長くとった実験的なワインなど、年々 ナチュラル な方向へ向かっています。 エチケットは家の裏に住む女性アーティストがデザインしたもの。 クー ド クー 2011 リエッシュ 白ワイン S

サヴニエール レ ヴュー クロ 2015 ニコラ ジョリー 白ワイン

ビオディナミの伝道師 ビオディナミの伝道師と言われるニコラ・ジョリー氏のドメーヌ。 サヴニエール レ ヴュー クロはシュナン・ブラン100%から造られます。 クレ・ド・セランに比べやや傾斜が緩やかな東向きの区画で、表土が深く、クロ・ド・ラ・クレ・ド・セランよりも早くから楽しめます。 エレガント な酸が心地よく、 アーモンドやナッツ、フレッシュフルーツ のニュアンスがあります。 ■ワイン名(原語)/Les Vieux Clos Nicolas Joly ■ブドウ品種/シュナン・ブラン ■生産者名/ニコラ・ジョリー ■産地/フランス/ロワール/サヴニエール ■内容量/750ml 《ビオディナミの伝道師》 『フランス5大白ワインの1つ。』 マダム・ルロワも教えを乞う! ロワールの単独所有畑、クレ・ド・セランの造り手として知られる、ニコラ・ジョリー。 『ビオディナミの伝道師』 として知られるジョリー氏は、多くの造り手に影響を与え、あのルロワの マダム・ルロワも教えを乞うたほどの人物 なのです! しかも、アンヌ・クロード・ルフレーヴとも親交が厚く、大きな影響を与えたのだとか。 ビオディナミの大物として知られるブルゴーニュの大物女性TOP2の陰に居た、 『真の大物』 こそ、ニコラ・ジョリー氏なのです! なぜ彼女たちが、ジョリー氏に教えを乞うたのか? それはひとえに、ジョリー家が所有する、クレ・ド・セランの高いポテンシャルを、味わいに魅了されたからであろうことは、想像に難くありません。 実は、クレ・ド・セランは、 800年もの歴史を持つ、由緒正しき畑 で、シトー派修道院によって植樹、ルイ11世、14世、女帝フィーヌがこの地を訪れたとされているほどのなのです。 更に、そのポテンシャルの高さについて、美食の大家キュルノンスキー氏(1872-1956)が… 『イケムに並ぶ、フランス5大白ワインのひとつ。』 と讃えたほど! そのクレ・ド・セランを1962年より単独所有するのがジョリー家で、1984年に全面的にビオディナミを導入、ロワール河に貼り出した厳しい傾斜地にあり、南〜南東向きのこの畑は、赤褐色・茶色のシスト土壌で、水はけがよく、ブドウが最適な熟度に達し、ボトリティスの度合いを見て、3〜4週間かけて5回に分けて収穫をするという手間のかけよう。 ヴィンテージによる違いはあれども、 ミネラルや旨み、凛とした味わい は、飲んで頂ければ、その ポテンシャルの高さ は明らかです。 実は先日、2013年と2015年を飲み比べる幸運に恵まれましたが、その味わいに酔いしれずにはいられない、それぞれの魅力を表現していました。 しかも、数日かけて抜栓後の表情の変化も楽しめるのが、このワインの大きな魅力のひとつでもあるので、飲み残しても心配いりません。 ただ飲むだけでも美味しいのですが、知ろうと思えば思うほど、発見があり、 その味わいにどんどん引き込まれていくような世界観 は、歴史上の偉人が訪れ、ワイン界の偉人が影響を受けたこの畑は、間違いなく、特別な存在です。 そして、 注目すべきはその価格 。ロワールという土地柄なのか、価格は他の偉大な白と比べると、グッと控えめなんです。 ちょっと申し訳ない気もしますが、有難く享受しちゃって下さい(笑) マダム・ルロワも教えを乞うた、ビオディナミの大家が手掛ける、 800年の歴史が育む銘醸白ワイン をぜひ、味わって下さい! サヴニエール レ ヴュー クロ 2015 ニコラ ジョリー 白ワイン

ル ジュ ブリフィアン 2016 ドメーヌ ジュリアン プレヴェル ロゼ 泡 S

■輸入元様資料より抜粋■ ステファン コサの畑を2014年に引き継ぎ 類まれなる才能を発揮す るジュリアン プレヴェル が ガメイ100% をグラスファイバータンクで 発酵した後、瓶詰し SO2無添加で造るペティアン です。オレンジロゼ の色調に 柔らかいムース状の泡 、 ザクロの香り を感じます。 ピンクグレープフルーツの控えめな甘さ がじわじわと拡がる落ち着いた印 象で 大人の女性向けロゼ泡 として活躍しそうです。 ガメイ100%(手摘み/ 自社ブドウ) 20日間瓶内発酵 3 ヶ月間瓶内熟成し、2017年2月デゴルジュマン 無濾過 無清澄 SO2:無添加 トータル:32mg/L INFORMATIONNameLe Jus Brifiant Domaine Julien Prevelブドウ品種ガメイ生産者名ドメーヌ ジュリアン プレヴェル産地フランス/ロワールRegionFrance/Loire内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 新井 順子氏も認める 新たな新人醸造家が誕生! ジュリアン・プレヴェル ■輸入元様資料より抜粋■ 2009年に他界した私の大好きなStephane Cossaisステファン・コサ氏の名前は皆様の記憶にも残っていらっしゃると思います。 Montlouisという地で作った、あのChenin Blancは今でも鮮明に素晴らしい味わいであったことを思い出します。 ラッキーな事にその畑を次に預かった新しい生産者ジュジュこと、Julien Prevelジュリアン・プレヴェルのご紹介をさせて頂きます。 1982年3月9日、ブルターニュ生まれ、最初は全くワインと違う仕事をしていました。お風呂の販売会社にお勤めでしたが、自然の中で仕事がしたいと思いTours近郊で畑仕事をしていました。 その後、その興味は葡萄に移り、ワインを造ろうと28歳の時にアンボワーズの醸造学校に入学。 入学する前からフランツソーモンの剪定を手伝ったりしておりました。ですからフランツのところでスタージュ(研修)でお世話になり、本格的にナチュラルワインと出会います。 今まで学校で学んでいたワインと全く違って、本当に葡萄が生き生きと味わいに表現されたワインを飲んでこんなナチュラルワインを造りたい!と決心。 フランツとステファンは親友だったので、彼のような若者にステファンの残した畑を任せたらどうか?とフランツがステファンの奥様に話を持ちかけ、とんとん拍子に進んだのです。そして2014年〜ジュリアン・プレヴェルが正式にステファン・コサの畑のオーナーになり、新たな新人醸造家が誕生したのであります。 (新井順子) ル ジュ ブリフィアン 2016 ドメーヌ ジュリアン プレヴェル ロゼ 泡 S

クー ド クー 2011 リエッシュ 白ワイン S

INFORMATIONNameCoup de Coeur Rietschブドウ品種ゲヴュルツトラミネール/リースリング生産者名リエッシュ産地フランス/アルザスRegionFrance/Alsace内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《アルザスの純真》 伝統的なワインから ナチュラルヘ ■輸入元様資料より抜粋■ 《アルザスの純真》 アルザス地方ミッテルベルカイムは 「フランスで最も美しい村のひとつ」 素朴でこじんまりとしてますが伝統的な街並みがとても美しい村にリエッシュはあります。 リエッシュ家の人たちはもの静かで素直。育ちの良さが伝わってきます。 美しい酸 と ミネラル を感じる伝統的なスタイルのワインから、酸化防止剤無添加・醸し期間を長くとった実験的なワインなど、年々 ナチュラル な方向へ向かっています。 エチケットは家の裏に住む女性アーティストがデザインしたもの。 クー ド クー 2011 リエッシュ 白ワイン S

サンセール レ カルトロン 2015 セバスチャン リフォー 白ワイン

■輸入元様資料より抜粋■ 父エチエンヌの時代から続くスタンダードなサンセール、ステンレスタンクで発酵、そのまま 24ヶ月シュールリー熟成 しました。このキュヴェのみ瓶詰め時にSO2を10mg/L添加、軽く濾過し瓶詰めします。 透明感のあるイエローの外観、 パッションフルーツ や マンゴーのアロマ を感じます。まだ固さはありますが、 瑞々しさの中に甘やかさが拡がるカルトロンらしい味わい が沁み入ります。 INFORMATIONNameSancerre Les Quarterons Sebastien Riffaultブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名セバスチャン リフォー産地フランス/ロワール/サンセールRegionFrance/Loire/Sancerre内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 業界人もざわめく! 常識を超えた!? ぶっとびサンセール!! フランスのロワール地方 サンセール といえば、爽やかで、涼やかな、ソーヴィニヨン・ブランの魅力を引き出した味わいをイメージする方が、多いはず。 実は、私もそうでした。 でも… とあるワインに出会って、その 常識は、覆された のです! そう、そのワインこそ、 セバスチャン・リフォー のサンセールです!! 初めて、セバスチャン・リフォーのワインに出会った時、トロリとした黄金色に輝く美しい液体に、 目が点に! たちまち、 虜になりました♪ 更に、同じように 衝撃を受けた人々 の、こんな話をキャッチ♪♪ ■セバスチャン・リフォーの巻き起こした衝撃!■ 【衝撃その1】 東京の 『ロワール・ワイン・コンテスト』で、第2位 に輝いた某ソムリエールは、このワインのあまりの 素晴らしさ に、サンセールの固定概念を打ち崩されるほど 衝撃 を受けたとの話をキャッチ! 【衝撃その2】 東京で行われた、インポーターの営業さんが多く集まった会での事。 超有名なブルゴーニュ・ワインなども並ぶ中、 全く無名 の、セバスチャン・リフォーが、皆のハートを鷲づかみし、 当日No.1 の座を獲得!! 【衝撃その3】 業界向けの試飲会での事。 『 すっごい美味しい サンセールがある。』 『 むちゃくちゃ旨い サンセールがあったから早速押さえる。』 と、業界人の間で、セバスチャン・リフォーのワインの 話題で持ちきり に! そして、ご紹介してはや数年。数々のお客様にも、 衝撃の出会い を果たして頂きました。 では何故、彼が、このようなワインのスタイルに辿り着いたのでしょうか。 ■輸入元様資料より抜粋■ セバスチャンの家系は何世代にもわたる農家で、麦や野菜などを栽培する他に酪農も営みチーズやバターを生産していました。本格的にワイン生産を始めたのは父親の代で、実家を継ぐ前に、数年間、ボジョレーにてワイン造りを経験、その後はパリのワインショップ 『ラヴィーニャ』 で働き、沢山の素晴らしい自然派ワインに出会います。 父親の代では2004年から全ての畑で有機栽培を、彼が戻ってからは、 バイオダイナミクス に発展させ2007年に認証を取得。 彼のモットーは、 《自分が飲みたくないものを造らない》 ことです。 第一に 健全なブドウ を栽培しそれを 完熟 させることに注力します。収穫量を徹底して低く抑え発酵は 自然のまま 、従って全てのワインは100%マロラクティック発酵を終えています。 現在、ほぼ全てのサンセールは醸造時に亜硫酸を添加することで二次発酵の発生を抑え、フレッシュなリンゴ酸を残すように造られています。 その類いのサンセールを否定はしませんが、少なくとも彼自身は、とても風変わりでおよそサンセールらしからぬワインを造っているように思われたとしても、実のところは 伝統的 で、かつて50年以上前までは普通に造られていた サンセールの姿を再現 することに努めているのです。 そのため、彼のワインには収穫時からビン詰めに至るまで、全く亜硫酸が添加されておりません。(ただし、クァルトロンだけはビン詰めの際に20mg/Lを添加) 近年は2006年から採用したバイオダイナミクスの結果が特に反映されつつあり、葡萄の 凝縮感 が極めて高いだけではなく 綺麗な酸 が感じられ、 調和のとれた ワインとなっております。 そうなんです。常識を覆す、と思っていたサンセールは、実は、 原点回帰の味わい だったのです。 つまり、今、主流のスタイルと、セバスチャン・リフォーのスタイル。 どっちも、サンセールの姿 なんですね。 皆さんも、 美味しい衝撃体験 、して下さい!! 2007年〜カリテ・フランスのBIO認証を取得 サンセール レ カルトロン 2015 セバスチャン リフォー 白ワイン