フランスその他 地方

VdFルージュ パタポン 2017 ドメーヌ ル ブリゾー 赤ワイン

INFORMATIONNameVdF Patapon Rouge Domaine le Briseauブドウ品種ピノ・ドニス生産者名ドメーヌ・ル・ブリゾー産地フランス/ロワールRegionFrance/Loire内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

VdFルージュ パタポン 2017 ドメーヌ ル ブリゾー 赤ワイン —— 3,000円

フランスその他 地方

エス ジェー 2014 ラ グランド コリーヌ 赤ワイン

ご 購 入 の 前 に こちらの商品は、キャップシールは付いておりません。 ■輸入元様資料より抜粋■ 2011年よりサン・ジョセフのアペラシオンは取得せずVdFとなり、SJ(エス・ジェー)と言う名前へ変更となっております。 ヴィンテージの記載はなく バックラベルに4つ星のマーク が描かれています。 ややエッジにオレンジが見られる深いガーネット色。ヴィンテージの特徴から 冷涼感がありやや軽さを感じさせるスタイル になっています。 SJの特徴的な ブラックオリーブ や すみれ などの香りは充分に感じられ、それに加え赤いベリー系の果実や僅かながらハーブや黒胡椒のような香りがアクセントになっています。 抜けるような綺麗な酸 は角がなく円みがあり、流れるような軽いタッチを演出しており、 エレガントで滑らかな口当たり と 繊細なタンニン が感じられます。 口中にはしっかりと風味を留め余韻にも長く続き、しなやかさと芯の強さの両方を持つワインになっています。 今後の熟成でよりエレガントさや複雑さ、深みなどが引き出されていくことでしょう。 INFORMATIONNameSJ La Grande Collineブドウ品種シラー生産者名ラ グランド コリーヌ産地フランス/ローヌRegionFrance/Rhone内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

エス ジェー 2014 ラ グランド コリーヌ 赤ワイン —— 4,600円

フランスその他 地方

エス ピー 2013 ラ グランド コリーヌ 白ワイン

ご 購 入 の 前 に こちらの商品は、キャップシールは付いておりません。 ■輸入元様資料より抜粋■ *2016年6月に入荷し、約2年1ヶ月倉庫で休ませて今回のご案内となります。 しっかりとした濃い黄色。 2000年代前半のサン・ペレを彷彿とさせるボリューム感や 熟した黄色いリンゴ や 軽く火を通したカリン のような果実の香りに仄かに酸化的な香りが混ざります。その奥に南の果実を想わせる甘さ控えめのコンポートや白ブドウなどの香りも見え隠れしており、開いてくると 蜂蜜のような香り や深みが増していくように感じられます。 円みを帯び膨らみのある果実味と厚みのあるボディですが、 酸は1本中心をすっと通り抜けるようなシャープさ がありキレの良さを感じさせ、アフターには果実の風味が長く残ります。 ここ近年のサン・ペレやSPの多くは皮付きのマスカットぶどうなどを頬張った時のような、爽やかで若々しいフルーティさを持つ雰囲気でしたが、この2013年は深みのある ジュラワインのような雰囲気 を感じさせ、 ゆっくりと楽しめる上品な仕上がり となっております。 INFORMATIONNameSP La Grande Collineブドウ品種マルサンヌ生産者名ラ グランド コリーヌ産地フランス/ローヌRegionFrance/Rhone内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

エス ピー 2013 ラ グランド コリーヌ 白ワイン —— 5,700円

フランスその他 地方

カルケール ジャス 2017 ル クロ デ グリヨン 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 世界から注目を集めるニコラ が2015VTGに ”Les Jas” でリリースをしましたが、行政的に名称変更を余儀なくされたため、畑が丘に囲まれた輝きある石灰である事から カルケール を付け加えました。 透き通るルージュの外観から 摘みたてのイチゴ や ヨーグルトのアロマ を感じます。ピュアで軽やかですが、その奥にある 滑らかに染み渡るベリー系の旨味の存在感が秀逸な出来栄え です。 INFORMATIONNameCalcaires Jas Le Clos des Grillonsブドウ品種グルナッシュ100%生産者名ル クロ デ グリヨン産地フランス/ルーションRegionFrance/Roussillon内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《自然派》 聞き捨てならないコラボ! コレは、買っておくべきです♪ 自然派ワイン好きなら、聞き捨てならない、 何とも素敵なコラボ・ワイン が入荷しました! あの、ラングロールと、 ル・クロ・デ・グリヨン のコラボ・キュベです! 自然派ワインの造り手の中でも、すでに ベテランの域 の、ラングロール。彼が手掛ける タヴェルやリラック の味わいに魅了された人々は数知れず。 彼のワインで、 自然派ワイン に興味を持ったという人も、多いのではないでしょうか。 そして、なんと、ワインに目覚めたのは 9歳の時! その後、教育の道に進むも、その思い捨てきれず、 遂に造り手に転向 し、ラングロールの影響を少なからず受けている、ル・クロ・デ・グリヨンが、 デンマーク語で『友情』 という名の『ヴェンス・カブ』をリリースしました! ル・クロ・デ・グリヨンのテール・ブランシュと、ラングロールのタヴェル・ロゼとリラックをブレンドしたという、 特別コラボ・キュヴェ! 『すごくいいです! 』 という、輸入元さんの営業さんのお知らせと共に舞い込んだニュースに、ワクワクしながら返事をしていると、その返信には… 『やばいです…予想以上に動きが早くて…(汗)お早めにご注文下さい。』 と、刻一刻と、在庫が減っている様子が! 彼らのワインのファンなら飲まずにはいられないので、 この人気も納得 です。 再度造られるのかは、まったく分かりませんので、 今回の入荷をお見逃しなく! ■輸入元様資料より抜粋■ 2010年6月 ローヌ地方タベル近郊に現地で注目の若手生産者を訪問。 ル・クロ・デ・グリヨンのニコラ・ルノーは 『9歳のとき、シャトーヌフ・デュ・パプで行われた試飲会が全ての始まりでした。』 と語りかけました。 大人が集い、ワインを囲んで社交するその輝かしい世界を子供ながらに体験し、 知らぬ間にワインの魅力に誘惑されその虜に なっていました。 しかし彼の家族や親戚にはワイン関係者などいるはずもなく、この世界に憧れを持ったまま時は流れていきました。興味があった歴史と地理を学ぶのに集中し、教師の道を選びました。しかしローマ時代の歴史や地形測量など、自然とワインへと繋がっていくものばかり・・・大学の休みにカーブで働き、暇があれば醸造家を訪ね、自学でワインを学びアマチュア用の試飲コンクールに参加するなどワインを趣味として割り切っていたニコラですが、ある日、やはり ワイン生産者になる夢 を捨てきれずにいる自分に気付いてしまったのです。 2005年ついに第一歩を踏み出したニコラ。教師を辞め、自分の知識、そしてコート・デュ・ローヌで友人になった生産者を頼りに、ワインの道へ進むことを決めました。 2006年3月、最も尊敬するジャン・ポール・ドメン(ドメーヌ・ヴィルランベール・ジュリアン)の下で働き始め、ラングロールらとの交流を深めていきました。2007年、祖父から受け継いだ土地を売り、ロゼの銘醸地タヴェルから南西6キロに位置するロシュフォール・デュ・ガールに4.5haの畑を購入しました。同年8月にはジャン・ポールの元を離れ自分のドメーヌを設立。 小さな区画にいくつもの品種が混じる『コンプランテ(混植)』といわれる畑は10年近く放置され野生化していたため『そんな畑を買うなんて頭がおかしいんじゃないのか』と何度となく言われたといいます。 ビオロジック栽培も昔ながらの地主さんたちには理解し難いようですが、『クレイジーだと思われても自分が正しいとおもうことはやり通す』とニコラは自分が選んだやり方を断固として変えず、 ビオロジック栽培 を貫き通しています。 彼の目的は醸造家になり、個人のカーブを持つこと。しかしニコラはカーブを持つ前にまず『醸造能力』そして『テロワールのポテンシャル』を確かめる必要があることを十分に理解していました。 2007年9月、彼は自分の家のガレージをカーブへと建て直し(15m² !)、20hlだけ醸造してみました。ローヌ地方のdur(固い、重い)なワインを好まないニコラのセンスは繊細で、結果は思っていた以上に素晴らしい出来栄え。 自分自身も大いに納得し、これを機にル・クロ・デ・グリヨンが本格的にスタートすることとなりました。多岐に渡る品種が渾然と鬩ぎ合う畑は43区画に分かれ、『品種によって熟すタイミングはもちろん違うけれど、ブドウの樹1本の中でも日の照りや風の抜け方が違う、まさに ミクロクリマ なんだ。だから ブドウの個性ごとに収穫することができ自然とバランスが取れる 』と言います。 砂地が多い区画は馬で耕し、樹齢の高い区画は微生物の働きをかえって悪くしてしまう為あまり耕し過ぎないようにするなど畑によってそれぞれの手当てを行っています。そのためブドウがとても良い状態で収穫され、その ポテンシャルの高さがワインの味わいに反映されている のです。 良く選果した完熟したブドウは自生酵母のみで自然発酵、ステンレスタンクでシュールリー熟成後、無濾過、SO2をごく少量添加し瓶詰されます。 地質学を極めた ニコラならではの畑と真摯に向き合う職人気質な姿が今でも目に焼きついています。 是非ご賞味いただき体感して下さい 。

カルケール ジャス 2017 ル クロ デ グリヨン 赤ワイン S —— 3,700円

フランスその他 地方

サン ペレ 2010 ラ グランド コリーヌ 白ワイン

ご 購 入 の 前 に こちらの商品は、キャップシールは付いておりません。 ■輸入元様資料より抜粋■ <サン・ペレ2010年/ラ・グランド・コリーヌ>【2013年8月入荷】 *2013年8月に入荷し、 約4年5ヶ月倉庫で休ませて 今回のご案内となります。 入荷時は豆のニュアンスが強く感じられましたが、現在は若々しい果実味と熟成由来の膨らみのある果実味の両方が融合する味わいとなり、ネガティブな要素は感じられなくなりました。 やや濁りの見られる麦藁色。入荷時に比べて、熟成に伴い色合いだけでなく香りや味わいに深みが増した印象です。 軽く火を通したリンゴ や カリン などの熟成を感じさせる香りが感じられます。ですが、それとは裏腹に口に含むと微細なガスがピリッと舌先を刺激し、大岡さんのサン・ペレらしい 皮付きのマスカットぶどうなどを頬張った時のような 、爽やかで若々しいフルーティさと仄かな甘みが広がります。 開いてくるとマスカットのような溌剌とした風味の中に りんごのコンポート や 黄桃 、 マンゴー などの香りが膨らみ、味わいも魅力的なまでに深みを増していき、より贅沢感を感じさせる味わいへと変化していきます。 あえて個人的な好みを述べますと、 3時間くらいの間に飲み進める 方がフレッシュな果実味からやや深みが増していく変化を楽しめると思います。 約5時間ほどの経過で、僅かながらアフターに豆のニュアンスを感じる方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、味わいの深さや果実味などがそれを上回り、気になるほどのものではありません。翌日に持ち越すよりは抜栓当日にお楽しみ頂く方がよりこのワインと向き合う事ができるかと思います。また数日間立てて保管し、澱を沈めてからお楽しみ頂くことをお勧めします。 澱を沈めることでネガティヴなニュアンスなどはより一層出にくくなり、クリーンな果実味を堪能して頂けると思います。 INFORMATIONNameSt Peray La Grande Collineブドウ品種マルサンヌ生産者名ラ・グランド・コリーヌ産地フランス/ローヌRegionFrance/Rhone内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

サン ペレ 2010 ラ グランド コリーヌ 白ワイン —— 5,600円

フランスその他 地方

シャトーヌフ デュ パプ レ クワルツ ルージュ 2016 ル クロ デュ カイユ 赤ワイン tp S

■輸入元様資料より抜粋■ 「Les Cassanets」という砂質土壌の区画で表土にはラベルに描かれている様な無数の丸石、ガレ ルーレが覆う。 94%が600Lのデュミ ミュイにて、残りは500Lのアンフォラにて14ヵ月の熟成。 チェリーリキュールの様な甘美な滑らかさとシナモンなどスパイス感を伴う長く複雑な余韻を持つ 。樹齢は57年。グルナッシュ85%、シラー15%。 WA誌(94-96)点 。■『ワイン アドヴォケイト233号』より抜粋■ A prospective blend of the 2016 Chateauneuf du Pape Les Quartz showed waves of cherry fruit, rich, velvety tannins and a long, spice-driven finish. It's a complete wine, even at this embryonic stage, and should age up to two decades . ◆パーカーポイント:94〜96点 ◆飲み頃:2020〜2035年 INFORMATIONNameChateauneuf du Pape Les Quartz Rouge Le Clos du Caillouブドウ品種グルナッシュ85%/シラー15%生産者名ル クロ デュ カイユ産地フランス/ローヌ/シャトーヌフ・デュ・パプRegionFrance/Rhone/Chateauneuf du Pape内容量750mlWA(92 - 94)/Issue 1st Sep 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャトー・ヌフ・デュ・パプの スーパースターが造る 気品溢れるワイン ■輸入元様資料より抜粋■ 『シャトーヌフ デュ パプと同じテロワールを持つコート デュ ローヌ』 シャトーヌフ デュ パプ北東の境界、クルテゾンの高台に17ha広がるクロ デュ カイユの土地は 『クロ』 の名が示す通り古来より実際に石垣が3キロに渡り築かれた狩猟場の森であった。 フランス最古の原産地呼称であるシャトーヌフ デュ パプが制定された1936年に当時AOCの境界線を決める為に 役人がクロ デュ カイユの土壌調査に訪れた際に番人が銃で追い払った事が不評を買いACシャトーヌフ デュ パプから外れてしまったという逸話 が残っている。 これは現在も『ル カイユ』の区画がAOC境界線から不自然にはみ出している事が地図からも確認できる。 現在この『ル カイユ』と他区画から造られるACコート デュ ローヌが計45haと石垣の外周辺に所有するシャトーヌフ デュ パプを計9ha所有し、年間約25万本を生産。 1950年代に植樹されたぶどう樹が多く残り、平均樹齢は60年を超す。2010年よりビオロジック認証取得、一部区画ではビオディナミを実践している。 野生酵母による発酵など極力ナチュラルな造りが信条 。 『伝説となった天才醸造家、ジャン ドニ ヴァシュロン』 1956年に現オーナーのプイザン家が取得し、森を開墾し本格的なぶどう栽培 ワイン造りを開始。 1990年代半ばまで収穫の大部分はギガルなど大手ネゴシアンへ桶売りしていたが1995年に大きな転機が訪れる。 創業者の孫娘、シルヴィ プイザンがサンセールの名高いドメーヌ ヴァシュロンにてワイン造りを行っていた夫、ジャン ドニ ヴァシュロンとドメーヌを継ぐ事を決心しサンセールからローヌへ移住。 以来細やかな区画毎の栽培醸造管理の徹底、商品レンジの一新や有機栽培の推進など品質向上の為の様々な革新を行いながら元詰めを徐々に増やして 僅か数年でシャトーヌフ デュ パプのトップ生産者と賞される 。 ブルゴーニュワインをこよなく愛したジャン ドニの手腕とそれを可能にする砂質土壌主体の卓越したテロワールと古木グルナッシュの見事な融合により、クロ デュ カイユのワインは 洗練されたエレガンスとフィネスで世に広く知られるようになる 。 その精神は2002年にジャン ドニが不慮の事故死を遂げた後もシルヴィと残された子供達、そして現在の醸造責任者ブルーノ ガスパールに受け継がれており、 終わりの無い品質の追及を今も尚続けている 。

シャトーヌフ デュ パプ レ クワルツ ルージュ 2016 ル クロ デュ カイユ 赤ワイン tp S —— 9,200円

フランスその他 地方

シャトーヌフ デュ パプ レ サフル ルージュ 2016 ル クロ デュ カイユ 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 「Les Bedines」という区画産でこの地特有の凝固した砂岩、サフルがキュヴェ名。樹齢57-70年。複数手掛けるヌフパプの中でも 最も繊細さ 、 しなやかさが顕著に表れるワイン 。 フードルとデュミ ミュイにて14ヵ月樽熟成。 グルナッシュ95%、ムール ヴェードル、シラー、サンソーが5%。WA誌(93-95)点。■『ワイン アドヴォケイト233号』より抜粋■ The 2016 Chateauneuf du Pape Les Safres delivers crisply defined cherry fruit, a richly tannic mid-palate and a long, focused, velvety finish . It looks likely to need a bit of cellaring but to be capable of aging up to two decades. ◆パーカーポイント:93〜95点 ◆飲み頃:2020〜2035年 INFORMATIONNameChateauneuf du Pape Les Safres Rouge Le Clos du Caillouブドウ品種グルナッシュ95%/ムール ヴェードル、シラー、サンソー計5%生産者名ル クロ デュ カイユ産地フランス/ローヌ/シャトーヌフ・デュ・パプRegionFrance/Rhone/Chateauneuf du Pape内容量750mlWA(95 - 97)/Issue 1st Sep 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャトー・ヌフ・デュ・パプの スーパースターが造る 気品溢れるワイン ■輸入元様資料より抜粋■ 『シャトーヌフ デュ パプと同じテロワールを持つコート デュ ローヌ』 シャトーヌフ デュ パプ北東の境界、クルテゾンの高台に17ha広がるクロ デュ カイユの土地は 『クロ』 の名が示す通り古来より実際に石垣が3キロに渡り築かれた狩猟場の森であった。 フランス最古の原産地呼称であるシャトーヌフ デュ パプが制定された1936年に当時AOCの境界線を決める為に 役人がクロ デュ カイユの土壌調査に訪れた際に番人が銃で追い払った事が不評を買いACシャトーヌフ デュ パプから外れてしまったという逸話 が残っている。 これは現在も『ル カイユ』の区画がAOC境界線から不自然にはみ出している事が地図からも確認できる。 現在この『ル カイユ』と他区画から造られるACコート デュ ローヌが計45haと石垣の外周辺に所有するシャトーヌフ デュ パプを計9ha所有し、年間約25万本を生産。 1950年代に植樹されたぶどう樹が多く残り、平均樹齢は60年を超す。2010年よりビオロジック認証取得、一部区画ではビオディナミを実践している。 野生酵母による発酵など極力ナチュラルな造りが信条 。 『伝説となった天才醸造家、ジャン ドニ ヴァシュロン』 1956年に現オーナーのプイザン家が取得し、森を開墾し本格的なぶどう栽培 ワイン造りを開始。 1990年代半ばまで収穫の大部分はギガルなど大手ネゴシアンへ桶売りしていたが1995年に大きな転機が訪れる。 創業者の孫娘、シルヴィ プイザンがサンセールの名高いドメーヌ ヴァシュロンにてワイン造りを行っていた夫、ジャン ドニ ヴァシュロンとドメーヌを継ぐ事を決心しサンセールからローヌへ移住。 以来細やかな区画毎の栽培醸造管理の徹底、商品レンジの一新や有機栽培の推進など品質向上の為の様々な革新を行いながら元詰めを徐々に増やして 僅か数年でシャトーヌフ デュ パプのトップ生産者と賞される 。 ブルゴーニュワインをこよなく愛したジャン ドニの手腕とそれを可能にする砂質土壌主体の卓越したテロワールと古木グルナッシュの見事な融合により、クロ デュ カイユのワインは 洗練されたエレガンスとフィネスで世に広く知られるようになる 。 その精神は2002年にジャン ドニが不慮の事故死を遂げた後もシルヴィと残された子供達、そして現在の醸造責任者ブルーノ ガスパールに受け継がれており、 終わりの無い品質の追及を今も尚続けている 。

シャトーヌフ デュ パプ レ サフル ルージュ 2016 ル クロ デュ カイユ 赤ワイン S —— 6,100円

フランスその他 地方

トランジャ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 白ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 9caveでおなじみのマニュエルが立ち上げた新プロジェクト で ジョアキムのブドウで醸造 、すべてのキュヴェ名に果実名を冠しました。 toranjaはポルトガル語で グレープフルーツ の意で、グルナッシュグリをステンレスタンクで発酵、セメントタンクで熟成しました。 ピンクイエローの外観、 リンゴやワイルドハーブ が香り、 口角の上がる酸とアフターのフローラル香が明るい印象 です。 INFORMATIONNameToranja Tutti Frutti Ananasブドウ品種グルナッシュグリ100%生産者名トゥッティ フルッティ アナナス産地フランス/ルーションRegionFrance/Roussillon内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 9カーヴ新プロジェクト ジョアキム×マニュエル! 魅力あふれるワインの誕生です! ■輸入元様資料より抜粋■ バニュルスに2008年から誕生した 『Vinyer de la Ruca』 のワインは本数が少なく、需要と供給のバランスで 知る人ぞ知るマニアックなワイン となってしまいました。 その醸造家Manuel Di Vecchi(マニュエル・ディ・ヴェッキ)は1974年生まれのイタリ人。 ブルノ・デュシェン主導で建てられた共同醸造所『le 9 caves』のメンバーで、メンバー内では唯一ブルノをジョークでいじれる底抜けに明るい男です。親分肌で自由な発想をとても大事にしております。 もともとマニュエルはモンペリエでワインの醸造を学び、色んなドメーヌで働いてきました。 そして彼は ビオディナミの理論派実践者 、実はフランスではもともと栽培家・醸造家としてよりも ビオディナミのコンサルタントとして有名 だったのです。 彼はワイン造りを実践する為、最初はイタリアで畑を探しておりましたが、最終的に選んだのは南仏バニュルスの地です。 2006年から栽培を開始しましたが、以前の畑所有者はビオ実践者ではなかったので、彼の納得するブドウにはなりませんでした。2007年も同じです。ですので、この2年間は出来たブドウはカーブ・コぺラティフに販売しました。 この2年間で畑を生まれ変わらせ、納得のゆくブドウが実り、 2008年にやっと初めてのワインの醸造 となりました。 その本数は 2haでたった1000本 、 幻中の幻のバニュルス です。 しかしバニュルスは手間がとてもかかるため、途中から 長期熟成のスティルワイン を醸造する事に変更しました。 そのワインももちろんスーパー美味しく 、 同時にこれもまた瞬時でなくなる幻のワイン となったのです。 そこでお客様の注文に答える為、色々考えました。同じ『le 9 caves』で醸造をしているドメーヌ・カルテロルのJoachim Roque(ジョアキム・ロック)から 安定的に良質のブドウが購入出来るので 、 それなら一緒に造ろうと!!! 2017年に新しい会社を設立して カジュアル路線のワイン を造る事にしました。 メンバーは3人。 (1)Manuel(マニュエル)が醸造責任者 (2)Joachim(ジョアキム)が畑の責任者(彼の畑のブドウを提供) (3)友人のイタリア人Francesco(フランセスコ)がフランスに移住し醸造補助兼マーケティング責任者 と凄いチームとなりました。4種類のワインがあり、 全て直ぐに飲める飲みやすいカジュアルなスタイル を意識しました。 何故ならマニュエルが自社畑のブドウでつくる所謂“ドメーヌもの”ワインが飲み頃になるのには非常に時間がかかるからです。 全く違った側面の魅力あふれるワインの誕生 です。是非お召し上がりください。 (新井順子)

トランジャ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 白ワイン S —— 3,400円

フランスその他 地方

トランジャ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 白ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 9caveでおなじみのマニュエルが立ち上げた新プロジェクト で ジョアキムのブドウで醸造 、すべてのキュヴェ名に果実名を冠しました。 toranjaはポルトガル語で グレープフルーツ の意で、グルナッシュグリをステンレスタンクで発酵、セメントタンクで熟成しました。 ピンクイエローの外観、 リンゴやワイルドハーブ が香り、 口角の上がる酸とアフターのフローラル香が明るい印象 です。 INFORMATIONNameToranja Tutti Frutti Ananasブドウ品種グルナッシュグリ100%生産者名トゥッティ フルッティ アナナス産地フランス/ルーションRegionFrance/Roussillon内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 9カーヴ新プロジェクト ジョアキム×マニュエル! 魅力あふれるワインの誕生です! ■輸入元様資料より抜粋■ バニュルスに2008年から誕生した 『Vinyer de la Ruca』 のワインは本数が少なく、需要と供給のバランスで 知る人ぞ知るマニアックなワイン となってしまいました。 その醸造家Manuel Di Vecchi(マニュエル・ディ・ヴェッキ)は1974年生まれのイタリ人。 ブルノ・デュシェン主導で建てられた共同醸造所『le 9 caves』のメンバーで、メンバー内では唯一ブルノをジョークでいじれる底抜けに明るい男です。親分肌で自由な発想をとても大事にしております。 もともとマニュエルはモンペリエでワインの醸造を学び、色んなドメーヌで働いてきました。 そして彼は ビオディナミの理論派実践者 、実はフランスではもともと栽培家・醸造家としてよりも ビオディナミのコンサルタントとして有名 だったのです。 彼はワイン造りを実践する為、最初はイタリアで畑を探しておりましたが、最終的に選んだのは南仏バニュルスの地です。 2006年から栽培を開始しましたが、以前の畑所有者はビオ実践者ではなかったので、彼の納得するブドウにはなりませんでした。2007年も同じです。ですので、この2年間は出来たブドウはカーブ・コぺラティフに販売しました。 この2年間で畑を生まれ変わらせ、納得のゆくブドウが実り、 2008年にやっと初めてのワインの醸造 となりました。 その本数は 2haでたった1000本 、 幻中の幻のバニュルス です。 しかしバニュルスは手間がとてもかかるため、途中から 長期熟成のスティルワイン を醸造する事に変更しました。 そのワインももちろんスーパー美味しく 、 同時にこれもまた瞬時でなくなる幻のワイン となったのです。 そこでお客様の注文に答える為、色々考えました。同じ『le 9 caves』で醸造をしているドメーヌ・カルテロルのJoachim Roque(ジョアキム・ロック)から 安定的に良質のブドウが購入出来るので 、 それなら一緒に造ろうと!!! 2017年に新しい会社を設立して カジュアル路線のワイン を造る事にしました。 メンバーは3人。 (1)Manuel(マニュエル)が醸造責任者 (2)Joachim(ジョアキム)が畑の責任者(彼の畑のブドウを提供) (3)友人のイタリア人Francesco(フランセスコ)がフランスに移住し醸造補助兼マーケティング責任者 と凄いチームとなりました。4種類のワインがあり、 全て直ぐに飲める飲みやすいカジュアルなスタイル を意識しました。 何故ならマニュエルが自社畑のブドウでつくる所謂“ドメーヌもの”ワインが飲み頃になるのには非常に時間がかかるからです。 全く違った側面の魅力あふれるワインの誕生 です。是非お召し上がりください。 (新井順子)

トランジャ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 白ワイン S —— 3,400円

フランスその他 地方

トワ ボンノム マセラシオン カルボニック 2017 ヴァンサン トリコ 赤ワイン

■輸入元様資料より抜粋■ 除梗せず、18日間醸し後、デキュヴァージュしプレス、50%木樽 50%ステンレスタンクで5 ヶ月間発酵 熟成/瓶詰め2 ヶ月前に澱引き無濾過 無清澄/瓶詰め2018年:3月13日 INFORMATIONNameTrois Bonhommes MC Vincent Tricotブドウ品種ピノノワール100%(手摘み/平均15年)生産者名ヴァンサン トリコ産地フランス/オーヴェルニュRegionFrance/Auvergne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

トワ ボンノム マセラシオン カルボニック 2017 ヴァンサン トリコ 赤ワイン —— 3,800円

フランスその他 地方

トワ ボンノム マセラシオン カルボニック 2017 ヴァンサン トリコ 赤ワイン

■輸入元様資料より抜粋■ 除梗せず、18日間醸し後、デキュヴァージュしプレス、50%木樽 50%ステンレスタンクで5 ヶ月間発酵 熟成/瓶詰め2 ヶ月前に澱引き無濾過 無清澄/瓶詰め2018年:3月13日 INFORMATIONNameTrois Bonhommes MC Vincent Tricotブドウ品種ピノノワール100%(手摘み/平均15年)生産者名ヴァンサン トリコ産地フランス/オーヴェルニュRegionFrance/Auvergne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

トワ ボンノム マセラシオン カルボニック 2017 ヴァンサン トリコ 赤ワイン —— 3,800円

フランスその他 地方

ネスポーラ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 白ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 9caveでおなじみのマニュエルが立ち上げた新プロジェクトでジョアキムのブドウで醸造、すべてのキュヴェ名に果実名を冠しました。 nespolaはイタリア語で 枇杷 の意で、マカブーとグルナッシュは直接圧搾、ヴェルメンティーノは除梗し醸し後、発酵・熟成 SO2無添加 で仕上げました。 憂いある橙イエローの外観にスモモのアロマ 、 じわりと拡がるエキス感に控えめな酸が光ります 。 INFORMATIONNameNespola Tutti Frutti Ananasブドウ品種ヴェルメンティーノ/グルナッシュブラン/マカブー1/3ずつ生産者名トゥッティ フルッティ アナナス産地フランス/ルーションRegionFrance/Roussillon内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 9カーヴ新プロジェクト ジョアキム×マニュエル! 魅力あふれるワインの誕生です! ■輸入元様資料より抜粋■ バニュルスに2008年から誕生した 『Vinyer de la Ruca』 のワインは本数が少なく、需要と供給のバランスで 知る人ぞ知るマニアックなワイン となってしまいました。 その醸造家Manuel Di Vecchi(マニュエル・ディ・ヴェッキ)は1974年生まれのイタリ人。 ブルノ・デュシェン主導で建てられた共同醸造所『le 9 caves』のメンバーで、メンバー内では唯一ブルノをジョークでいじれる底抜けに明るい男です。親分肌で自由な発想をとても大事にしております。 もともとマニュエルはモンペリエでワインの醸造を学び、色んなドメーヌで働いてきました。 そして彼は ビオディナミの理論派実践者 、実はフランスではもともと栽培家・醸造家としてよりも ビオディナミのコンサルタントとして有名 だったのです。 彼はワイン造りを実践する為、最初はイタリアで畑を探しておりましたが、最終的に選んだのは南仏バニュルスの地です。 2006年から栽培を開始しましたが、以前の畑所有者はビオ実践者ではなかったので、彼の納得するブドウにはなりませんでした。2007年も同じです。ですので、この2年間は出来たブドウはカーブ・コぺラティフに販売しました。 この2年間で畑を生まれ変わらせ、納得のゆくブドウが実り、 2008年にやっと初めてのワインの醸造 となりました。 その本数は 2haでたった1000本 、 幻中の幻のバニュルス です。 しかしバニュルスは手間がとてもかかるため、途中から 長期熟成のスティルワイン を醸造する事に変更しました。 そのワインももちろんスーパー美味しく 、 同時にこれもまた瞬時でなくなる幻のワイン となったのです。 そこでお客様の注文に答える為、色々考えました。同じ『le 9 caves』で醸造をしているドメーヌ・カルテロルのJoachim Roque(ジョアキム・ロック)から 安定的に良質のブドウが購入出来るので 、 それなら一緒に造ろうと!!! 2017年に新しい会社を設立して カジュアル路線のワイン を造る事にしました。 メンバーは3人。 (1)Manuel(マニュエル)が醸造責任者 (2)Joachim(ジョアキム)が畑の責任者(彼の畑のブドウを提供) (3)友人のイタリア人Francesco(フランセスコ)がフランスに移住し醸造補助兼マーケティング責任者 と凄いチームとなりました。4種類のワインがあり、 全て直ぐに飲める飲みやすいカジュアルなスタイル を意識しました。 何故ならマニュエルが自社畑のブドウでつくる所謂“ドメーヌもの”ワインが飲み頃になるのには非常に時間がかかるからです。 全く違った側面の魅力あふれるワインの誕生 です。是非お召し上がりください。 (新井順子)

ネスポーラ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 白ワイン S —— 3,400円

フランスその他 地方

ネスポーラ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 白ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 9caveでおなじみのマニュエルが立ち上げた新プロジェクトでジョアキムのブドウで醸造、すべてのキュヴェ名に果実名を冠しました。 nespolaはイタリア語で 枇杷 の意で、マカブーとグルナッシュは直接圧搾、ヴェルメンティーノは除梗し醸し後、発酵・熟成 SO2無添加 で仕上げました。 憂いある橙イエローの外観にスモモのアロマ 、 じわりと拡がるエキス感に控えめな酸が光ります 。 INFORMATIONNameNespola Tutti Frutti Ananasブドウ品種ヴェルメンティーノ/グルナッシュブラン/マカブー1/3ずつ生産者名トゥッティ フルッティ アナナス産地フランス/ルーションRegionFrance/Roussillon内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 9カーヴ新プロジェクト ジョアキム×マニュエル! 魅力あふれるワインの誕生です! ■輸入元様資料より抜粋■ バニュルスに2008年から誕生した 『Vinyer de la Ruca』 のワインは本数が少なく、需要と供給のバランスで 知る人ぞ知るマニアックなワイン となってしまいました。 その醸造家Manuel Di Vecchi(マニュエル・ディ・ヴェッキ)は1974年生まれのイタリ人。 ブルノ・デュシェン主導で建てられた共同醸造所『le 9 caves』のメンバーで、メンバー内では唯一ブルノをジョークでいじれる底抜けに明るい男です。親分肌で自由な発想をとても大事にしております。 もともとマニュエルはモンペリエでワインの醸造を学び、色んなドメーヌで働いてきました。 そして彼は ビオディナミの理論派実践者 、実はフランスではもともと栽培家・醸造家としてよりも ビオディナミのコンサルタントとして有名 だったのです。 彼はワイン造りを実践する為、最初はイタリアで畑を探しておりましたが、最終的に選んだのは南仏バニュルスの地です。 2006年から栽培を開始しましたが、以前の畑所有者はビオ実践者ではなかったので、彼の納得するブドウにはなりませんでした。2007年も同じです。ですので、この2年間は出来たブドウはカーブ・コぺラティフに販売しました。 この2年間で畑を生まれ変わらせ、納得のゆくブドウが実り、 2008年にやっと初めてのワインの醸造 となりました。 その本数は 2haでたった1000本 、 幻中の幻のバニュルス です。 しかしバニュルスは手間がとてもかかるため、途中から 長期熟成のスティルワイン を醸造する事に変更しました。 そのワインももちろんスーパー美味しく 、 同時にこれもまた瞬時でなくなる幻のワイン となったのです。 そこでお客様の注文に答える為、色々考えました。同じ『le 9 caves』で醸造をしているドメーヌ・カルテロルのJoachim Roque(ジョアキム・ロック)から 安定的に良質のブドウが購入出来るので 、 それなら一緒に造ろうと!!! 2017年に新しい会社を設立して カジュアル路線のワイン を造る事にしました。 メンバーは3人。 (1)Manuel(マニュエル)が醸造責任者 (2)Joachim(ジョアキム)が畑の責任者(彼の畑のブドウを提供) (3)友人のイタリア人Francesco(フランセスコ)がフランスに移住し醸造補助兼マーケティング責任者 と凄いチームとなりました。4種類のワインがあり、 全て直ぐに飲める飲みやすいカジュアルなスタイル を意識しました。 何故ならマニュエルが自社畑のブドウでつくる所謂“ドメーヌもの”ワインが飲み頃になるのには非常に時間がかかるからです。 全く違った側面の魅力あふれるワインの誕生 です。是非お召し上がりください。 (新井順子)

ネスポーラ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 白ワイン S —— 3,400円

フランスその他 地方

ピノ ノワール スー ラ ロッシュ 2016 ドメーヌ ド ラ ボルド 赤ワイン

うす旨系! 透明感 がありつつ、しっかりと 果実の旨味 も表現されている、ピノ・ノワール。 うす旨系 が好きな方には、オススメです! 下記の輸入元さんの説明にあるように、更に花開いた時を想像すると…喉がなります♪ ■輸入元様資料より抜粋■ バジョシアン期の石灰地質がむき出しになっている土壌。 固い表土があるので、地中奥深くに根を張るナチュラルな造り手でなければジュラ土壌の本質は見えてこない。 美しいほど なめらかな酸 、 細やかなミネラル 、 しっとりとしたタンニン 。80年の歳月からジュラ土壌の本質を教えてくれるピノ・ノワール。 味の奥にい潜む 膨大な果実感 が表に出るまで、何人が待てるだろうか? ■ワイン名(原語)/Pinot Noir Sous La Roche Domaine De La Borde ■ブドウ品種/ピノ・ノワール ■生産者名/ドメーヌ・ド・ラ・ボルド ■産地/フランス/ジュラ ■内容量/750ml 〜パリから1本の電話〜 ジュラに物凄いワインを 見つけた! そのワインを知り、彼の人柄を伝え聞いた事のある人にとっては、 『幻』 と、ひと言では言い表せない存在感を持つ、ジュラの ピエール・オヴェルノワ 。 15歳からピエール氏と共に働き、引退しつつも、常に近い存在であるピエール氏の跡を継いだ、 エマニュエル・ウイヨン氏 。 そんな彼らと、とても近しい関係で、ピエール氏から多くの影響を受け、輸入元さんも 『先々、ピエール・オヴェルノワのような存在になると思っています。』 と確信している造り手がいるのを、ご存じでしょうか。 その人こそ、今回ご紹介する、ドメーヌ・ド・ラ・ボルドの ジュリアン・マレシャル氏です! ■輸入元様資料より抜粋■ 『ジュラに物凄いワインを見つけた!』 と、パリから1本の電話。 ピュピランから40km離れたジュラ出身。2003年に蔵を立ち上げる。 元々父親が穀物、野菜などを生産していた事から、地に根の張った作物の精算、中でもぶどう栽培、ワイン造りに興味を持った。 ディジョンのワイン学校に通いワイン造りを学ぶ。 通いながら、ジュラのアルボワで畑を探して探して、探しまくっていたある日… あのボールナールの近くで、思わず息を飲む凄いエネルギーの区画に出会ってしまった。 土地のオーナーはちょっと変わり者。 なぜか、自分の周りの人間には畑を売りたくない。 なんという幸運! ボルドが家付きで3.5haの畑を23歳の若さで手に入れることができた。 1981年生まれの注目の若手! 2004年の23歳からワイン造りを開始。最初は土壌や品種の特徴がわからなく苦労の連続。 ピエール・オヴェルノワの 貴重な教え を一身に受け、2005年初めてプールサールでサンスフルのワイン造りに成功した。 カーヴは大御所ピエール・オヴェルノワから歩いて3分、世にジュラのワインを広めたステファン・ティソなどの超大物たちの英知は、ボルドに怒涛のごとく流れ込んだ。 出来たワインは必ず師と仰ぐピエール・オヴェルノワに飲んでもらう。 オヴェルノワを実質引き継いだエマニュエル・ウイヨンがアイラ島に行けば同行する。 まさに、 ジュラ第3世代筆頭の巨大なパワー を秘める男。 初リリースは2004年、現在5.5haの畑でサヴァニャン、シャルドネ、プールサール、ピノ・ノワール、トゥルソーを栽培。 そう、巷には、初リリースから間を置かずしてその才能を開花させる造り手も居ます。それはそれで凄いことですが、今回ご紹介する、ジュリアン・マレシャル氏は、挫折も味わい、至極真っ当な道を歩み、経験を積んできました。 そして、 オヴェルノワ氏達との運命の出会い! それを最大限に吸収して生み出したワインが、年々素晴らしいものになってきたのは、想像に難くありません!! 実際私も、今回ご紹介する、プールサールとピノ・ノワールを飲んでみましたが、その 果実のツヤ感 、 エキス分の絶妙さ に、輸入元さんが強くオススメされている理由が分かりました。 オヴェルノワのワインは、もう、 『幻中の幻』 と言っていいほど出回る事はなく、いわゆる高級ワインよりも、ずっと入手難です。 でも、オヴェルノワ氏も認めるワインを飲めます!しかも、将来更に花開くかもしれないのですから、ワイン好きにとっては、楽しみで仕方ありません!! ドメーヌ・ド・ラ・ボルド! 今、知っておくべき造り手です!!

ピノ ノワール スー ラ ロッシュ 2016 ドメーヌ ド ラ ボルド 赤ワイン —— 4,500円

フランスその他 地方

ホワイト ライト 2017 ヴァンサン トリコ 白ワイン

■輸入元様資料より抜粋■ 白い灯りに例え命名されました 。75%のシャルドネとミュスカをアッサンブラージュし36時間のデブルバージュ後、残りのシャルドネ25%を加え発酵 熟成、 SO2無添加で仕上げました 。 INFORMATIONNameWhite Light Vincent Tricotブドウ品種シャルドネ50%/ミュスカ オットネル50%(手摘み/平均15年)生産者名ヴァンサン トリコ産地フランス/オーヴェルニュRegionFrance/Auvergne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ホワイト ライト 2017 ヴァンサン トリコ 白ワイン —— 3,400円

フランスその他 地方

ホワイト ライト 2017 ヴァンサン トリコ 白ワイン

■輸入元様資料より抜粋■ 白い灯りに例え命名されました 。75%のシャルドネとミュスカをアッサンブラージュし36時間のデブルバージュ後、残りのシャルドネ25%を加え発酵 熟成、 SO2無添加で仕上げました 。 INFORMATIONNameWhite Light Vincent Tricotブドウ品種シャルドネ50%/ミュスカ オットネル50%(手摘み/平均15年)生産者名ヴァンサン トリコ産地フランス/オーヴェルニュRegionFrance/Auvergne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

ホワイト ライト 2017 ヴァンサン トリコ 白ワイン —— 3,400円

フランスその他 地方

マクヴァン ブランNVドメーヌ ド ラ ボルド 白 甘口

■輸入元様資料より抜粋■ 発酵前にジュラのマールを加え、なんと 36カ月熟成させたとんでもなく貴重なフォーティファイドワイン! へーゼルナッツ 、 オレンジの皮のオイル 、 バニラ 、 カカオ などふわっと⽴ち上がるアロマが⼼地よい!デザートワインや食後に楽しめば、なんとも贅沢で幸せな気持ちにしてくれること間違いなし! アペリティフとして、また ブルーチーズ などと合わせても◎ 土壌は青と灰色の深いリアスのマルヌ。標高350〜450mの西向きの畑。 サヴァニャンのマストとジュラのオー・ド・ヴィ・ド・マール(オーク樽36 カ月熟成)をブレンド 【品種】サヴァニャン INFORMATIONNameMacvin Blanc Domaine de la Bordeブドウ品種サヴァニャン生産者名ドメーヌ・ド・ラ・ボルド産地フランス/ジュラRegionFrance/Jura内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 〜パリから1本の電話〜 ジュラに物凄いワインを 見つけた! そのワインを知り、彼の人柄を伝え聞いた事のある人にとっては、 『幻』 と、ひと言では言い表せない存在感を持つ、ジュラの ピエール・オヴェルノワ 。 15歳からピエール氏と共に働き、引退しつつも、常に近い存在であるピエール氏の跡を継いだ、 エマニュエル・ウイヨン氏 。 そんな彼らと、とても近しい関係で、ピエール氏から多くの影響を受け、輸入元さんも 『先々、ピエール・オヴェルノワのような存在になると思っています。』 と確信している造り手がいるのを、ご存じでしょうか。 その人こそ、今回ご紹介する、ドメーヌ・ド・ラ・ボルドの ジュリアン・マレシャル氏です! ■輸入元様資料より抜粋■ 『ジュラに物凄いワインを見つけた!』 と、パリから1本の電話。 ピュピランから40km離れたジュラ出身。2003年に蔵を立ち上げる。 元々父親が穀物、野菜などを生産していた事から、地に根の張った作物の精算、中でもぶどう栽培、ワイン造りに興味を持った。 ディジョンのワイン学校に通いワイン造りを学ぶ。 通いながら、ジュラのアルボワで畑を探して探して、探しまくっていたある日… あのボールナールの近くで、思わず息を飲む凄いエネルギーの区画に出会ってしまった。 土地のオーナーはちょっと変わり者。 なぜか、自分の周りの人間には畑を売りたくない。 なんという幸運! ボルドが家付きで3.5haの畑を23歳の若さで手に入れることができた。 1981年生まれの注目の若手! 2004年の23歳からワイン造りを開始。最初は土壌や品種の特徴がわからなく苦労の連続。 ピエール・オヴェルノワの 貴重な教え を一身に受け、2005年初めてプールサールでサンスフルのワイン造りに成功した。 カーヴは大御所ピエール・オヴェルノワから歩いて3分、世にジュラのワインを広めたステファン・ティソなどの超大物たちの英知は、ボルドに怒涛のごとく流れ込んだ。 出来たワインは必ず師と仰ぐピエール・オヴェルノワに飲んでもらう。 オヴェルノワを実質引き継いだエマニュエル・ウイヨンがアイラ島に行けば同行する。 まさに、 ジュラ第3世代筆頭の巨大なパワー を秘める男。 初リリースは2004年、現在5.5haの畑でサヴァニャン、シャルドネ、プールサール、ピノ・ノワール、トゥルソーを栽培。 そう、巷には、初リリースから間を置かずしてその才能を開花させる造り手も居ます。それはそれで凄いことですが、今回ご紹介する、ジュリアン・マレシャル氏は、挫折も味わい、至極真っ当な道を歩み、経験を積んできました。 そして、 オヴェルノワ氏達との運命の出会い! それを最大限に吸収して生み出したワインが、年々素晴らしいものになってきたのは、想像に難くありません!! 実際私も、今回ご紹介する、プールサールとピノ・ノワールを飲んでみましたが、その 果実のツヤ感 、 エキス分の絶妙さ に、輸入元さんが強くオススメされている理由が分かりました。 オヴェルノワのワインは、もう、 『幻中の幻』 と言っていいほど出回る事はなく、いわゆる高級ワインよりも、ずっと入手難です。 でも、オヴェルノワ氏も認めるワインを飲めます!しかも、将来更に花開くかもしれないのですから、ワイン好きにとっては、楽しみで仕方ありません!! ドメーヌ・ド・ラ・ボルド! 今、知っておくべき造り手です!!

マクヴァン ブランNVドメーヌ ド ラ ボルド 白 甘口 —— 4,700円

フランスその他 地方

マグラナ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 9caveでおなじみのマニュエルが立ち上げた新プロジェクト で ジョアキムのブドウで醸造 、すべてのキュヴェ名に果実名を冠しました。 magrana はカタルーニャ語で ザクロ の意で、シラーをプレス後、発酵・熟成しました。朱色を帯びたレッドの外観で、 還元の奥から梅やプラムが香ります 。 アンニュイなアタックに ピンクグレープフルーツの果実感 、 スモーキーでビターな仕上がり です。 INFORMATIONNameMagrana Tutti Frutti Ananasブドウ品種シラー100%生産者名トゥッティ フルッティ アナナス産地フランス/ルーションRegionFrance/Roussillon内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 9カーヴ新プロジェクト ジョアキム×マニュエル! 魅力あふれるワインの誕生です! ■輸入元様資料より抜粋■ バニュルスに2008年から誕生した 『Vinyer de la Ruca』 のワインは本数が少なく、需要と供給のバランスで 知る人ぞ知るマニアックなワイン となってしまいました。 その醸造家Manuel Di Vecchi(マニュエル・ディ・ヴェッキ)は1974年生まれのイタリ人。 ブルノ・デュシェン主導で建てられた共同醸造所『le 9 caves』のメンバーで、メンバー内では唯一ブルノをジョークでいじれる底抜けに明るい男です。親分肌で自由な発想をとても大事にしております。 もともとマニュエルはモンペリエでワインの醸造を学び、色んなドメーヌで働いてきました。 そして彼は ビオディナミの理論派実践者 、実はフランスではもともと栽培家・醸造家としてよりも ビオディナミのコンサルタントとして有名 だったのです。 彼はワイン造りを実践する為、最初はイタリアで畑を探しておりましたが、最終的に選んだのは南仏バニュルスの地です。 2006年から栽培を開始しましたが、以前の畑所有者はビオ実践者ではなかったので、彼の納得するブドウにはなりませんでした。2007年も同じです。ですので、この2年間は出来たブドウはカーブ・コぺラティフに販売しました。 この2年間で畑を生まれ変わらせ、納得のゆくブドウが実り、 2008年にやっと初めてのワインの醸造 となりました。 その本数は 2haでたった1000本 、 幻中の幻のバニュルス です。 しかしバニュルスは手間がとてもかかるため、途中から 長期熟成のスティルワイン を醸造する事に変更しました。 そのワインももちろんスーパー美味しく 、 同時にこれもまた瞬時でなくなる幻のワイン となったのです。 そこでお客様の注文に答える為、色々考えました。同じ『le 9 caves』で醸造をしているドメーヌ・カルテロルのJoachim Roque(ジョアキム・ロック)から 安定的に良質のブドウが購入出来るので 、 それなら一緒に造ろうと!!! 2017年に新しい会社を設立して カジュアル路線のワイン を造る事にしました。 メンバーは3人。 (1)Manuel(マニュエル)が醸造責任者 (2)Joachim(ジョアキム)が畑の責任者(彼の畑のブドウを提供) (3)友人のイタリア人Francesco(フランセスコ)がフランスに移住し醸造補助兼マーケティング責任者 と凄いチームとなりました。4種類のワインがあり、 全て直ぐに飲める飲みやすいカジュアルなスタイル を意識しました。 何故ならマニュエルが自社畑のブドウでつくる所謂“ドメーヌもの”ワインが飲み頃になるのには非常に時間がかかるからです。 全く違った側面の魅力あふれるワインの誕生 です。是非お召し上がりください。 (新井順子)

マグラナ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 赤ワイン S —— 3,400円

フランスその他 地方

マグラナ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 9caveでおなじみのマニュエルが立ち上げた新プロジェクト で ジョアキムのブドウで醸造 、すべてのキュヴェ名に果実名を冠しました。 magrana はカタルーニャ語で ザクロ の意で、シラーをプレス後、発酵・熟成しました。朱色を帯びたレッドの外観で、 還元の奥から梅やプラムが香ります 。 アンニュイなアタックに ピンクグレープフルーツの果実感 、 スモーキーでビターな仕上がり です。 INFORMATIONNameMagrana Tutti Frutti Ananasブドウ品種シラー100%生産者名トゥッティ フルッティ アナナス産地フランス/ルーションRegionFrance/Roussillon内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 9カーヴ新プロジェクト ジョアキム×マニュエル! 魅力あふれるワインの誕生です! ■輸入元様資料より抜粋■ バニュルスに2008年から誕生した 『Vinyer de la Ruca』 のワインは本数が少なく、需要と供給のバランスで 知る人ぞ知るマニアックなワイン となってしまいました。 その醸造家Manuel Di Vecchi(マニュエル・ディ・ヴェッキ)は1974年生まれのイタリ人。 ブルノ・デュシェン主導で建てられた共同醸造所『le 9 caves』のメンバーで、メンバー内では唯一ブルノをジョークでいじれる底抜けに明るい男です。親分肌で自由な発想をとても大事にしております。 もともとマニュエルはモンペリエでワインの醸造を学び、色んなドメーヌで働いてきました。 そして彼は ビオディナミの理論派実践者 、実はフランスではもともと栽培家・醸造家としてよりも ビオディナミのコンサルタントとして有名 だったのです。 彼はワイン造りを実践する為、最初はイタリアで畑を探しておりましたが、最終的に選んだのは南仏バニュルスの地です。 2006年から栽培を開始しましたが、以前の畑所有者はビオ実践者ではなかったので、彼の納得するブドウにはなりませんでした。2007年も同じです。ですので、この2年間は出来たブドウはカーブ・コぺラティフに販売しました。 この2年間で畑を生まれ変わらせ、納得のゆくブドウが実り、 2008年にやっと初めてのワインの醸造 となりました。 その本数は 2haでたった1000本 、 幻中の幻のバニュルス です。 しかしバニュルスは手間がとてもかかるため、途中から 長期熟成のスティルワイン を醸造する事に変更しました。 そのワインももちろんスーパー美味しく 、 同時にこれもまた瞬時でなくなる幻のワイン となったのです。 そこでお客様の注文に答える為、色々考えました。同じ『le 9 caves』で醸造をしているドメーヌ・カルテロルのJoachim Roque(ジョアキム・ロック)から 安定的に良質のブドウが購入出来るので 、 それなら一緒に造ろうと!!! 2017年に新しい会社を設立して カジュアル路線のワイン を造る事にしました。 メンバーは3人。 (1)Manuel(マニュエル)が醸造責任者 (2)Joachim(ジョアキム)が畑の責任者(彼の畑のブドウを提供) (3)友人のイタリア人Francesco(フランセスコ)がフランスに移住し醸造補助兼マーケティング責任者 と凄いチームとなりました。4種類のワインがあり、 全て直ぐに飲める飲みやすいカジュアルなスタイル を意識しました。 何故ならマニュエルが自社畑のブドウでつくる所謂“ドメーヌもの”ワインが飲み頃になるのには非常に時間がかかるからです。 全く違った側面の魅力あふれるワインの誕生 です。是非お召し上がりください。 (新井順子)

マグラナ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 赤ワイン S —— 3,400円

フランスその他 地方

モランゴ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 9caveでおなじみのマニュエルが立ち上げた新プロジェクト で ジョアキムのブドウで醸造 、すべてのキュヴェ名に果実名を冠しました。 morango はポルトガル語で イチゴ の意味で、シラーとグルナッシュは直接圧搾、ムールヴェードルは除梗し醸し後、発酵・熟成 SO2 無添加 で仕上げました。 ルビーの外観、 カシスやスミレの香り 、 冷涼感を纏うプラムの果実味が潤いを与えてくれます 。 INFORMATIONNameMorango Tutti Frutti Ananasブドウ品種シラー/グルナッシュ/ムールヴェードル1/3ずつ生産者名トゥッティ フルッティ アナナス産地フランス/ルーションRegionFrance/Roussillon内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 9カーヴ新プロジェクト ジョアキム×マニュエル! 魅力あふれるワインの誕生です! ■輸入元様資料より抜粋■ バニュルスに2008年から誕生した 『Vinyer de la Ruca』 のワインは本数が少なく、需要と供給のバランスで 知る人ぞ知るマニアックなワイン となってしまいました。 その醸造家Manuel Di Vecchi(マニュエル・ディ・ヴェッキ)は1974年生まれのイタリ人。 ブルノ・デュシェン主導で建てられた共同醸造所『le 9 caves』のメンバーで、メンバー内では唯一ブルノをジョークでいじれる底抜けに明るい男です。親分肌で自由な発想をとても大事にしております。 もともとマニュエルはモンペリエでワインの醸造を学び、色んなドメーヌで働いてきました。 そして彼は ビオディナミの理論派実践者 、実はフランスではもともと栽培家・醸造家としてよりも ビオディナミのコンサルタントとして有名 だったのです。 彼はワイン造りを実践する為、最初はイタリアで畑を探しておりましたが、最終的に選んだのは南仏バニュルスの地です。 2006年から栽培を開始しましたが、以前の畑所有者はビオ実践者ではなかったので、彼の納得するブドウにはなりませんでした。2007年も同じです。ですので、この2年間は出来たブドウはカーブ・コぺラティフに販売しました。 この2年間で畑を生まれ変わらせ、納得のゆくブドウが実り、 2008年にやっと初めてのワインの醸造 となりました。 その本数は 2haでたった1000本 、 幻中の幻のバニュルス です。 しかしバニュルスは手間がとてもかかるため、途中から 長期熟成のスティルワイン を醸造する事に変更しました。 そのワインももちろんスーパー美味しく 、 同時にこれもまた瞬時でなくなる幻のワイン となったのです。 そこでお客様の注文に答える為、色々考えました。同じ『le 9 caves』で醸造をしているドメーヌ・カルテロルのJoachim Roque(ジョアキム・ロック)から 安定的に良質のブドウが購入出来るので 、 それなら一緒に造ろうと!!! 2017年に新しい会社を設立して カジュアル路線のワイン を造る事にしました。 メンバーは3人。 (1)Manuel(マニュエル)が醸造責任者 (2)Joachim(ジョアキム)が畑の責任者(彼の畑のブドウを提供) (3)友人のイタリア人Francesco(フランセスコ)がフランスに移住し醸造補助兼マーケティング責任者 と凄いチームとなりました。4種類のワインがあり、 全て直ぐに飲める飲みやすいカジュアルなスタイル を意識しました。 何故ならマニュエルが自社畑のブドウでつくる所謂“ドメーヌもの”ワインが飲み頃になるのには非常に時間がかかるからです。 全く違った側面の魅力あふれるワインの誕生 です。是非お召し上がりください。 (新井順子)

モランゴ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 赤ワイン S —— 3,400円

フランスその他 地方

モランゴ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 9caveでおなじみのマニュエルが立ち上げた新プロジェクト で ジョアキムのブドウで醸造 、すべてのキュヴェ名に果実名を冠しました。 morango はポルトガル語で イチゴ の意味で、シラーとグルナッシュは直接圧搾、ムールヴェードルは除梗し醸し後、発酵・熟成 SO2 無添加 で仕上げました。 ルビーの外観、 カシスやスミレの香り 、 冷涼感を纏うプラムの果実味が潤いを与えてくれます 。 INFORMATIONNameMorango Tutti Frutti Ananasブドウ品種シラー/グルナッシュ/ムールヴェードル1/3ずつ生産者名トゥッティ フルッティ アナナス産地フランス/ルーションRegionFrance/Roussillon内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 9カーヴ新プロジェクト ジョアキム×マニュエル! 魅力あふれるワインの誕生です! ■輸入元様資料より抜粋■ バニュルスに2008年から誕生した 『Vinyer de la Ruca』 のワインは本数が少なく、需要と供給のバランスで 知る人ぞ知るマニアックなワイン となってしまいました。 その醸造家Manuel Di Vecchi(マニュエル・ディ・ヴェッキ)は1974年生まれのイタリ人。 ブルノ・デュシェン主導で建てられた共同醸造所『le 9 caves』のメンバーで、メンバー内では唯一ブルノをジョークでいじれる底抜けに明るい男です。親分肌で自由な発想をとても大事にしております。 もともとマニュエルはモンペリエでワインの醸造を学び、色んなドメーヌで働いてきました。 そして彼は ビオディナミの理論派実践者 、実はフランスではもともと栽培家・醸造家としてよりも ビオディナミのコンサルタントとして有名 だったのです。 彼はワイン造りを実践する為、最初はイタリアで畑を探しておりましたが、最終的に選んだのは南仏バニュルスの地です。 2006年から栽培を開始しましたが、以前の畑所有者はビオ実践者ではなかったので、彼の納得するブドウにはなりませんでした。2007年も同じです。ですので、この2年間は出来たブドウはカーブ・コぺラティフに販売しました。 この2年間で畑を生まれ変わらせ、納得のゆくブドウが実り、 2008年にやっと初めてのワインの醸造 となりました。 その本数は 2haでたった1000本 、 幻中の幻のバニュルス です。 しかしバニュルスは手間がとてもかかるため、途中から 長期熟成のスティルワイン を醸造する事に変更しました。 そのワインももちろんスーパー美味しく 、 同時にこれもまた瞬時でなくなる幻のワイン となったのです。 そこでお客様の注文に答える為、色々考えました。同じ『le 9 caves』で醸造をしているドメーヌ・カルテロルのJoachim Roque(ジョアキム・ロック)から 安定的に良質のブドウが購入出来るので 、 それなら一緒に造ろうと!!! 2017年に新しい会社を設立して カジュアル路線のワイン を造る事にしました。 メンバーは3人。 (1)Manuel(マニュエル)が醸造責任者 (2)Joachim(ジョアキム)が畑の責任者(彼の畑のブドウを提供) (3)友人のイタリア人Francesco(フランセスコ)がフランスに移住し醸造補助兼マーケティング責任者 と凄いチームとなりました。4種類のワインがあり、 全て直ぐに飲める飲みやすいカジュアルなスタイル を意識しました。 何故ならマニュエルが自社畑のブドウでつくる所謂“ドメーヌもの”ワインが飲み頃になるのには非常に時間がかかるからです。 全く違った側面の魅力あふれるワインの誕生 です。是非お召し上がりください。 (新井順子)

モランゴ 2017 トゥッティ フルッティ アナナス 赤ワイン S —— 3,400円

フランスその他 地方

レ テール ブランシュ ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2016 ル クロ デ グリヨン 赤ワイン S

■輸入元様資料より抜粋■ 絶え間ない進化を遂げるニコラ が泥灰土壌で育つグルナッシュ、クレレットとカリニャンをアッサンブラージュしセメントタンクで12 ヶ月醸し後、空気圧搾しトロンコニック樽とステンレスタンクで13 ヶ月熟成、SO2無添加で仕上げました。 ルージュの外観から、 ブルーベリージャム や乳酸のニュアンス が拡がります。 透明感のあるプラムジュースにエッジーなタンニン で、 ビターな印象 です。 INFORMATIONNameLes Terres Blanches Vieilles Vignes V.V. Le Clos des Grillonsブドウ品種グルナッシュ85%/クレレットとカリニャン15%生産者名ル クロ デ グリヨン産地フランス/ルーションRegionFrance/Roussillon内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《自然派》 聞き捨てならないコラボ! コレは、買っておくべきです♪ 自然派ワイン好きなら、聞き捨てならない、 何とも素敵なコラボ・ワイン が入荷しました! あの、ラングロールと、 ル・クロ・デ・グリヨン のコラボ・キュベです! 自然派ワインの造り手の中でも、すでに ベテランの域 の、ラングロール。彼が手掛ける タヴェルやリラック の味わいに魅了された人々は数知れず。 彼のワインで、 自然派ワイン に興味を持ったという人も、多いのではないでしょうか。 そして、なんと、ワインに目覚めたのは 9歳の時! その後、教育の道に進むも、その思い捨てきれず、 遂に造り手に転向 し、ラングロールの影響を少なからず受けている、ル・クロ・デ・グリヨンが、 デンマーク語で『友情』 という名の『ヴェンス・カブ』をリリースしました! ル・クロ・デ・グリヨンのテール・ブランシュと、ラングロールのタヴェル・ロゼとリラックをブレンドしたという、 特別コラボ・キュヴェ! 『すごくいいです! 』 という、輸入元さんの営業さんのお知らせと共に舞い込んだニュースに、ワクワクしながら返事をしていると、その返信には… 『やばいです…予想以上に動きが早くて…(汗)お早めにご注文下さい。』 と、刻一刻と、在庫が減っている様子が! 彼らのワインのファンなら飲まずにはいられないので、 この人気も納得 です。 再度造られるのかは、まったく分かりませんので、 今回の入荷をお見逃しなく! ■輸入元様資料より抜粋■ 2010年6月 ローヌ地方タベル近郊に現地で注目の若手生産者を訪問。 ル・クロ・デ・グリヨンのニコラ・ルノーは 『9歳のとき、シャトーヌフ・デュ・パプで行われた試飲会が全ての始まりでした。』 と語りかけました。 大人が集い、ワインを囲んで社交するその輝かしい世界を子供ながらに体験し、 知らぬ間にワインの魅力に誘惑されその虜に なっていました。 しかし彼の家族や親戚にはワイン関係者などいるはずもなく、この世界に憧れを持ったまま時は流れていきました。興味があった歴史と地理を学ぶのに集中し、教師の道を選びました。しかしローマ時代の歴史や地形測量など、自然とワインへと繋がっていくものばかり・・・大学の休みにカーブで働き、暇があれば醸造家を訪ね、自学でワインを学びアマチュア用の試飲コンクールに参加するなどワインを趣味として割り切っていたニコラですが、ある日、やはり ワイン生産者になる夢 を捨てきれずにいる自分に気付いてしまったのです。 2005年ついに第一歩を踏み出したニコラ。教師を辞め、自分の知識、そしてコート・デュ・ローヌで友人になった生産者を頼りに、ワインの道へ進むことを決めました。 2006年3月、最も尊敬するジャン・ポール・ドメン(ドメーヌ・ヴィルランベール・ジュリアン)の下で働き始め、ラングロールらとの交流を深めていきました。2007年、祖父から受け継いだ土地を売り、ロゼの銘醸地タヴェルから南西6キロに位置するロシュフォール・デュ・ガールに4.5haの畑を購入しました。同年8月にはジャン・ポールの元を離れ自分のドメーヌを設立。 小さな区画にいくつもの品種が混じる『コンプランテ(混植)』といわれる畑は10年近く放置され野生化していたため『そんな畑を買うなんて頭がおかしいんじゃないのか』と何度となく言われたといいます。 ビオロジック栽培も昔ながらの地主さんたちには理解し難いようですが、『クレイジーだと思われても自分が正しいとおもうことはやり通す』とニコラは自分が選んだやり方を断固として変えず、 ビオロジック栽培 を貫き通しています。 彼の目的は醸造家になり、個人のカーブを持つこと。しかしニコラはカーブを持つ前にまず『醸造能力』そして『テロワールのポテンシャル』を確かめる必要があることを十分に理解していました。 2007年9月、彼は自分の家のガレージをカーブへと建て直し(15m² !)、20hlだけ醸造してみました。ローヌ地方のdur(固い、重い)なワインを好まないニコラのセンスは繊細で、結果は思っていた以上に素晴らしい出来栄え。 自分自身も大いに納得し、これを機にル・クロ・デ・グリヨンが本格的にスタートすることとなりました。多岐に渡る品種が渾然と鬩ぎ合う畑は43区画に分かれ、『品種によって熟すタイミングはもちろん違うけれど、ブドウの樹1本の中でも日の照りや風の抜け方が違う、まさに ミクロクリマ なんだ。だから ブドウの個性ごとに収穫することができ自然とバランスが取れる 』と言います。 砂地が多い区画は馬で耕し、樹齢の高い区画は微生物の働きをかえって悪くしてしまう為あまり耕し過ぎないようにするなど畑によってそれぞれの手当てを行っています。そのためブドウがとても良い状態で収穫され、その ポテンシャルの高さがワインの味わいに反映されている のです。 良く選果した完熟したブドウは自生酵母のみで自然発酵、ステンレスタンクでシュールリー熟成後、無濾過、SO2をごく少量添加し瓶詰されます。 地質学を極めた ニコラならではの畑と真摯に向き合う職人気質な姿が今でも目に焼きついています。 是非ご賞味いただき体感して下さい 。

レ テール ブランシュ ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2016 ル クロ デ グリヨン 赤ワイン S —— 3,700円

フランスその他 地方

レ ミラン 2017 ヴァンサン トリコ 赤ワイン

■輸入元様資料より抜粋■ 除梗したピノは 果実味と丸みを維持するため 15日間、ガメイは12日間のマセラシオンカルボニック後それぞれステンレスタンクで熟成し瓶詰め1 ヶ月前にアッサンブラージュしました。 INFORMATIONNameLes Milans Vincent Tricotブドウ品種ピノノワール50%(手摘み/平均19年)/ガメイ ドーヴェルニュ50%(手摘み/平均43年)生産者名ヴァンサン トリコ産地フランス/オーヴェルニュRegionFrance/Auvergne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

レ ミラン 2017 ヴァンサン トリコ 赤ワイン —— 3,500円

フランスその他 地方

レ ミラン 2017 ヴァンサン トリコ 赤ワイン

■輸入元様資料より抜粋■ 除梗したピノは 果実味と丸みを維持するため 15日間、ガメイは12日間のマセラシオンカルボニック後それぞれステンレスタンクで熟成し瓶詰め1 ヶ月前にアッサンブラージュしました。 INFORMATIONNameLes Milans Vincent Tricotブドウ品種ピノノワール50%(手摘み/平均19年)/ガメイ ドーヴェルニュ50%(手摘み/平均43年)生産者名ヴァンサン トリコ産地フランス/オーヴェルニュRegionFrance/Auvergne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

レ ミラン 2017 ヴァンサン トリコ 赤ワイン —— 3,500円